手賀沼2013年05月28日 22:14

手賀沼~手賀大橋から
今までいったことのない身近ということで、湖沼を見てみると、手賀沼と印旛沼がほぼ同じくらいのところにある。こちらの方がやや近そうなので手賀沼から攻める。地図を見ると我孫子が最寄り駅だが、端から半周するつもりで、柏から歩いてみる。

いかにもかつては川の一部であったと思わせる薄くて広い水面である。柏側から、北柏ふるさと公園、手賀沼公園、手賀大橋と続く。手賀沼公園の方が整備されているが、親水という点ではふるさと公園の方が近い。手賀大橋を渡ると、直売所を備えた道の駅がある。水は澄んではいないが、水鳥が多くさえずり、季節外れの鴨が身繕いしていた。整備された川岸と異なり、水面に間近に迫れるのがいい。なぜか、何度も猫に出くわす。猫には、枕崎でも何度も出会い、ちょっと縁がある。

そろそろ、昼間の散歩は、日射を気にする必要が出てきた。曇りの日を選んだが、それでも長時間外にいるには日焼け止めが必要な季節だ。

DONQのコーンパン2013年05月28日 22:40

DONQのコーンパン
柏の駅を降りるとそごうが目に入る。そごうといえば、DONQである。以前は近くにあったのでバケットやバタールをよく囓っていたのだが、ずいぶんと疎遠になっていた。最近、「ドンクが語る美味しいパン100の誕生物語」を読み、コーンパン(http://www.donq.co.jp/bread/original.html#002)が気になっていたので、先の旅程は長いがおやつにでもと買ってみる。

コーンパンは、思い出しても食べた記憶がない。とにかく堅いフランスパンを囓るのがなによりなので、手に取らなかったのだろうか。先の本によると、誕生の逸話も面白く、今でも人気ということだ。柏のお店にはちょうど焼き上がったパンが箱いっぱいに並んでいた。店員さんの呼び声でお客さんも集まってくる。結局帰宅後にいただいたのだが、コーンの甘みはDONQの生地に合うものである。