印旛沼2013年06月15日 23:30

印旛沼
国立歴史民俗博物館をあとにし、印旛沼に向かう。このところ、天気予報は雨ばかり。晴れて30度を越すようでは、散策もままならない。降雨確率は50%前後だが、上空に雨雲はないようだし、気温は25度くらいで、散策日和と踏んだ。

実際は、湿度が高く、風も凪いでいたため、気温の割には体力を消耗する道程だった。とはいえ、野鳥のさえずりと自分の足音しか聞こえない中を散策するというのは、実に気分を晴れやかにする。

博物館で思いの外時間を要したので、沼を半周する予定からは、半分程度の道程となった。地図で見て左側の沼の下辺を巡ったが、自転車道路が整備され、安全に歩くことができる。千葉県道406号との標識があり驚く。時折、自転車や犬の散歩に出会うくらいである。印旛沼公園も考えたのだが、国道64号の橋は歩道もなく、路肩も狭く、夕方で交通量の多い時間帯でもあり、断念した。あと、注意しなければならないのは、一般道との接点が限られること。途中でユーカリが丘線を目指したのだが、道探しに難儀した。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2013/06/15/6866955/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。