Oblivion2013年07月07日 15:00

近所の映画館で最終日なので慌てて出掛ける。思いの外、よくできている。

トム・クルーズ演ずる男が、感じているであろうちょっとした違和感を、直感に近い想いでなぞるうちに物語の核心に至る。指示された仕事からのちょっとした逸脱が、新しい疑念を呼ぶ連鎖が、身近な感じがする。

映像は美しいが、驚くようなギミックはない。ストーリーも振り返れば、どちらかというとありふれたものかも。それでも、丹念な作りが没入感を生み、男の心の機微に、にやりとしたりはらはらしたりが、楽しい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2013/07/07/6892501/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。