Windows8の時刻同期が不調2013年08月23日 09:45

インターネットのクラウドサービスを利用するにあたり、時刻同期が正確であることが求められる。ところが、手元のWindows8の時刻同期の調子が悪い。

インターネット時刻設定
ローカルの時刻同期は、サーバがnt.nict.jp(NICTの公開NTPサービス)と同期した上で、その他の機器に配信する。ところが、このところエラーになる。試みに、窓の杜からTimeTuneというツールを取り寄せて同期を試みると成功する。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/timetune/

どうも、w32tm(Windows Time Service)の調子が悪いようだ。以下の記事を参考にいろいろ試す。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/winntp203/winntp203_01.html

w32tm monitor
NTPサーバとの時刻差は計測できている。

w32tm query
NTPサーバとの同期は設定されているものの、前回はエラー。表示は、アドレスが名前解決されている。

w32tm resync
コマンドラインから、同期を試みるも、コントロールパネルと同様にエラー。エラー内容が不可解。

どこまでできているのか、packet tracerを入れて確かめる。ネットワークドライバを開発するときには世話になったが、久しぶり。
マイクロソフトのNetwork Monitor: http://blogs.technet.com/b/netmon/
WireShark: http://www.wireshark.org/
Network Monitorは、NICを認識しなかった。WireSharkは、昔のEtherrealか。こちらを入れて確認する。

WireShark
w32tm /resync で同期を試みると、NTPのパケットの送受信は行われている。IPv6を設定したので、IPv4と両方のパケットのやりとりが確認できる。

したがって、時刻同期の要求を行い、答えを受け取った後、システムの時刻を更新するところで何らかの不具合がある。この先は、MicrosoftのKnowledge BaseやGoogleなどを検索するも、同様の事象の報告がない。どうも、当機固有の事象と思われる。仮にサポートに問い合わせても、「再インストールして再発するか確認してください」と言われそうな事案。インストール直後ならともかく、絶賛使用中のPCでは、簡単ではない。

少し待つと、Windows8.1も出るようなので、そこでの解決を願い、しばらく待つとする。必要ならば、TimeTuneなどを使う。Windowsは安定しているが、こういう事象が出ると手に負えない。