霞ヶ浦2014年06月11日 17:16

湖沼めぐり。満を持して、霞ヶ浦。諏訪湖以来。潮来から、土浦を目指す。

潮来
電車で2時間ほどで潮来に到着。意外なことにsuica未対応駅で、精算に手間取る。あやめ祭でずいぶんとお客さんも多い。

あやめ祭
前川を渡る橋から、あやめ祭の会場を見渡す。色とりどり。来場者も多く、盛況の様子。

右岸5km
潮来から霞ヶ浦には北利根川沿いに進む。しばらくいくと「右岸5km」の表示。この先、5kmごとに位置を示す標識が設けられている。

アオサギ
北利根川沿いは、野鳥が多く見られる。優雅なアオサギ。20mくらいによるとふわりと飛び立ってしまう。白いサギ類はあまり見られず、アオサギが目立つ。

カワウ
ここにもカワウ。江戸川ほどには目に付かない。

ハクチョウ
なぜか、ハクチョウの姿も。ほか、ヨシの茂るところでは、ヨシキリの声が喧しい。姿は、ヨシ原の奥でなかなか見つからない。上空には、ヒバリのさえずり。いつもの、カラスとスズメ。江戸川沿いには数多いムクドリは見かけない。

牛
川沿いの牧場には牛。

稲敷大橋から
北利根川を抜け、霞ヶ浦に出る。しばらく進むと、稲敷大橋。橋の上からは、野鳥を観察する小屋。

浮島公園
その先には浮島公園。

右岸14km
右岸14km地点。霞ヶ浦では、このあたりが一番開けている。広い水面のが見渡せる。潮の香りはしないのに、波の音がするのは、不思議。

右岸20km
右岸20km地点。この先、湾のようになっている。

小野川
一番、奥まったところ。小野川河口付近。橋を渡ったところにセブンイレブン。潮来の前川を渡ったところに一軒あったので、2軒目。補給を行う。

右岸25km
右岸25km地点。上の方に赤い字で何か書いてあるのに気づく。

全長48km
寄ってみると、終点が48.4km地点とある。思っていたのより、10kmほど長い。体が持つかな。

元鹿島海軍航空隊の跡
湾を抜けるあたりに、研究所があり、水辺を進めない。迂回しつつ進むと、元鹿島海運航空隊の跡の石碑。沖縄戦などずいぶんと戦死者が出たとある。そういえば、このあたり、上空を多数の飛行機が飛び交う。成田に行き来する旅客機に混じり、三角翼の戦闘機が大きな音で飛びゆく。百里基地か。

陸平貝塚の休憩所
30kmを少し過ぎたあたりで久しぶりの休憩所。隣の案内板には、陸平貝塚とある。この道は、関東ふれあいの道、と名付けられているが、途中に足を休める場所が少ないのが難点。

烏の旋空
少し、日が傾いてきた。上空をカラスが旋空する。巣に帰る時間が近い。

土浦市街
ここまで来ると、霞ヶ浦奥の土浦の街並みが見えてくる。

右岸40km
右岸40km地点。残り、10kmほど。日暮れが近い。羽虫が集まり始め、少しうるさい。もう、1時間早く出るべきだった。

この先、防衛省の施設のあたりで、日没。施設を迂回したところで、右岸を進むのをあきらめ、国道125号沿いに土浦を目指す。霞ヶ浦総合公園をゴールに考えていたが、断念。

土浦駅
ようやく土浦駅に到着。50kmは越えていたか。水分など補給十分だったが、足腰は限界。帰って万歩計を確認すると65000歩を越えたところ。もう少し正確に距離を確認しておくべきだったと反省。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2014/06/11/7341953/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。