モスフードサービス2014年06月25日 18:03

本日は二本立て。午前の株主総会は、会場から質疑が出ず、40分で終了。業績がよく経営陣への信任が厚いとはいえ、個人投資家もそれなりにいるはず。どうしたものか。次は、14時から。空模様も怪しいので、取り急ぎ大井町に向かう。駅前の阪急内のモスカフェで、時間つぶし。モスカフェのみのセットメニュー。カップケーキとコーヒーのセットは、なかなか。

モスフードサービス
午後は、モスフードサービス。波乱がないのは、午前と同じだが、質疑はそれなりに盛ん。

・前回同様、全面禁煙への提言が複数。平成28年4月を目処に何らかの方向性を打ち出したい、とのこと。フランチャイズの契約更新のタイミングがこのあたり。両者でよく協議が必要な難しい論点のようだ。
・海外事業。台湾やタイ、シンガポールあたりは、軌道に乗った。30~50店舗くらいが、点や線から、面の展開に移ったといえる目安。中国は引き続き苦戦中。パンよりはご飯ということか。

おもしろいところでは、会社設立当初のメニューの復刻の打診に対し、当時の味付けは今の時代に合わない、と社長が回答。たしかにそうかも。味覚は時代により、変わってきている。モスも洗練されてきたということ。復刻の結果、「こんな味だったの?」と失望されてはたまらない。