三石山、元清澄山、清澄山2014年12月18日 20:06

青春18切符の今冬2回目は、久留里線の上総亀山。その後、山を巡って、外房線の安房天津に抜ける予定。山と渓谷社の新・分県登山ガイド11「千葉県の山」の8番と9番の合わせ技。

上総亀山

上総亀山は2回目。ほとんどが通学客、久留里駅近くの高校生で、上総亀山で下車したのは、私ともうひとりいたかどうか。久留里から先が廃止されることのないように願う。

終着駅のE130

線路止めから乗ってきたE130系を見る。さて、今日はここからが本番。

三石山入り口

国道に出てしばらく進むと、三石山への標識。

トンネル通行止め

ガイドにもあるが、トンネルの先は通行止め。

つらら

道ばたを見ると、水滴がつららになっている。ここ数日の寒さが目に見える。

三石山展望台

三石山の手前に駐車場が拡がり、その脇に展望台。

三石山展望台から富士山

富士山も見渡せる。

三石山観音寺

三石山観音寺。この先が山頂。

三石山観音寺の大岩

本堂の裏手の大岩。このあたりが山頂のはず。後でガイドを見ると、本堂の裏手に抜ける道があったらしい。

山道への入り口

お寺の参道の手前に戻る。この先の下り道の脇に山道の入り口。落ち葉で隠れて気づきにくい。

大木が根こそぎ崩れ

この道は、少し荒れ気味。ここは、道の上側が崩落してふさいでしまっている。大木の倒れた箇所も多く、気をつけながら進む。

三石山からの道標

道の途中には、このような標識。これを頼りに進む。似たような景色が何度も現れ、同じところを回っている錯覚を覚える。

急登

元清澄山への合流点に近づくと、アップダウンが厳しい。細い尾根の上り下りがつづく。

関東ふれあいの道との合流点

関東ふれあいの道との合流点に到達。関東ふれあいの道はさすがによく整備されている。三石山からの道は、写真の左上の標識の先から降りてくる。まず、元清澄山に向かう。

黄葉と陽の光が暖かい広場

しばらく行くと、明るい広場に出る。風も穏やか。少し休憩。

元清澄山頂上

急なアップダウンを越えると、元清澄山の頂上。こちらは柵と鎖があって頼もしい。かつて清澄寺はここにあったのこと。今日は風が強く寒い。身体が冷えるので休憩もほどほどで下山。

清澄寺への道

先ほどの合流点から先は、ほぼ平坦な道。木々の緑と所々の黄葉をめでながら進む。絶好の散策道。

元清澄入り口

元清澄入口の標識。山道はここで終わり。林道に接続する。

東大演習林への林道

林道は、東京大学の演習林に向かうもの。

関東ふれあいの道道標

道ばたに関東ふれあいの道の石の標識。

南房総の山並み

景色が開けると、南房総の山並み。この時期でも黄葉しない。でも、緑にところどころ、紅と黄が混ざるのもいい。

途中の展望台から南総の海

林道の終わり付近に展望台。遠く、南総の海が見渡せる。

県道81号との交差

林道の終わり。この道は、先週の鋸山と比べてぐっと人通りが少ない。結局、三石山の参道からは、3名ほど。最後は、県道81号(清澄養老ライン)と立体交差。県道はこの先、通行止め。清澄寺は、この先、少し登り。

清澄寺

清澄寺。日蓮聖人が修行された地とのこと。千葉県にはなにかと聖人とゆかりのお寺が多い。

清澄の大杉

国土地理院の地図にも載っている清澄の大杉。

清澄寺本堂

本堂。ちょうど、大掃除中。となりの祖師堂で参拝。

清澄山山頂

裏手から上り詰めたところが、清澄山(妙見山)の頂上のはず。奥の院の妙見堂が建つ。三角点が見当たらない。木が多く、見晴らしは得られない。頂上ならば、千葉県の2番目の最高点377m。1番の愛宕山は、自衛隊の敷地内で敷居が高い。

P.S.
鹿野山の方が少し高い?

清澄寺から南総の海

いったん降りて、駐車場からは、南総の海への眺望が開ける。

安房天津への下り

バスは2時間後。安房天津駅まで5.5km。歩いた方が早い。

バイパス工事中

途中、建設中のループ橋。ずいぶん長いこと完成しないので有名らしい。このあたりから、両膝が痛みはじめる。先週の鋸山に比べれば、アップダウンはきつくなかったはずだが、少し長丁場に過ぎたか。

安房天津駅

安房天津駅に到着。今日は無人。設備はあるので、時間によっては有人なのかも。

わかしお11号

特急わかしおが上り、下りと通過していく。写真は下りの11号。

安房天津の白猫

駅舎の隣の民家から白猫が続々と登場し、空き地でじゃれ合う。どうも、旅先での猫には事欠かない。