下仁田、黒瀧山不動寺、オアシスなんもく2014年12月25日 12:28


下仁田行き

富岡製糸場をあとに、上州富岡から下仁田に向かう。今度は新しめの車体。

下仁田

下仁田駅に到着。ひとつ手前の千平駅からは、急な曲がりの多い川縁の線路でなかなかの眺望。すっかり、山間に来た。

下仁田駅

下仁田駅。

南牧村へ

駅を出て、群馬県道45号を、南牧(なんもく)村方向に進む。役場のホームページを探していたら、同じ字で長野県には南牧(みなみまき)村があり、しばらく眺めていておかしいと気づく。こちら群馬は高齢化率日本一とか。

黒滝山へ

小沢の集落を過ぎたあたりで右へ。この先、群馬県道202号。

こんにゃくいも

工場が現れ、なにやら、かごにいっぱい。鉱石かと思ってよく見るとこんにゃく芋。このあと、輸送車も見かけるが、遠目には石と区別がつかない。

住吉の滝案内

しばらく行くと住吉の滝の案内。そういえば、南牧村のホームページに滝巡りのページがあった。

住吉の滝

先に向かってみる。川面まで降りていかないと眺望は得られないが、降り口が見当たらず。

黒滝山へは左折

消防の櫓が見えるところで左折。日差しは温かいが、千葉の海側から来ると、さすがに群馬の山中は冷える。

黒瀧山不動寺まで1.8キロ

なだらかな道を進むとあと1.8キロの標識。ここからは、登りがきつくなる。山間の道で日が当たらず、道路にも雪が少し残る。登りはよかったが、下りは登山靴が欲しくなった。

登り道からの眺望

道すがら、まわりは岩肌が露出した山の景色。冬の山の景色もいい。

駐車場の案内

地理院の地図によると、先ほどの1.8キロの標識から、黒滝山の不動寺まで、高度差で300mくらいある。平らになった駐車場(第一)で一息つく。よく見ると、このあたり国定公園。

不動寺入口

もうひとがんばりで黒瀧山不動寺の入口に到着。禅宗のお寺。いまの姿になったのは江戸時代とのこと。ここをくぐる。

大杉

すぐに現れるのが大杉。清澄寺にもあったが、岩だらけの山の上にこれだけの大木。

黒瀧山不動寺山門

その先に山門。左は切り立つ岩壁。このお寺、本当に岩山に寄り添うように建っている。

黒瀧山不動寺本堂

本堂にて参拝。

本堂裏の絶壁

本堂裏にすぐ迫る垂直な岩壁。奥に不動明王の像。

黒瀧山不動寺開山堂

少し先の開山堂。両側に迫る大きな岩山。

黒瀧山不動寺境内からの眺め

境内からの眺望はすばらしい。が、下を見ると切り落ちた岩壁で柵までは近寄りがたい。

黒瀧山不動寺事務所

入口の事務所に戻る。この左側に登山道がついている。

黒滝山自然探勝路

少し進むと黒瀧山自然探勝路の案内。

山道

山道は整備されている。

道しるべ

登り切ると、三叉路の標識。今日は登山装備ではないので、引き返す。あとで調べると、九十九谷から馬の背、観音岩までのコースはかなりの難所のようで、無理しないで正解。

夕暮れの山並み

冬の日暮れは早い。下りは、すっかり、まわりは暗くなり、遠くの山の高いところばかりが輝く。

道の駅オアシスなんもく

小沢の集落のあたりで県道45号の方を少し登ると、道の駅オアシスなんもく。建物は2棟。右は食堂やお手洗いなど、左は即売所。

オアシスなんもく直売所

即売所の様子。冬野菜が並ぶ。上に見えるのは芋がら。

手練りこんにゃく

奥にレジがあり、その手前はこんにゃく。手練りは250円(500g)。普段使い用は100円から。ちょっと重いが、おみやげには手頃。

とらおのパン

裏手には、とらおのパン。330円(小)。炭火焼きのパンということで、人気らしい。お弁当を買いに来た近所の作業員らしき面々も、「まだ温かい、焼きたてか」と物色。持ってみるとずっしりと重く、帰宅後、食べてみると米粉パンに似たもちもち感があり、しっかりとした味でおいしい。

野沢菜まんじゅう

疲れた身体の栄養補給には、野沢菜まんじゅう。信州のおやき。200円。お茶は無料。

餡は野沢菜

中はもちろん野沢菜。少し甘めの皮と意外と合う。

下仁田駅再び

下北駅に戻る。下北駅から小沢の集落まで6キロほど、そこから黒瀧山不動寺まで5キロ。それぞれ一時間ほどの行程。登りは、もう少しかかるけど。小沢の集落まではバスもあるが、本数は少ない。途中見かけたが、大きめのバンで運用。

帰りの上州電鉄

帰りは蒟蒻畑のマンナンライフの広告をラッピングした電車。Google Mapで見てみると、マンナンライフの本社は上信電鉄沿いにある様子。なるほど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2014/12/25/7523982/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。