古典基礎語の世界 源氏物語もののあはれ2015年09月20日 21:10

AmazonのWish Listを眺めていると、時にセールに出会う。源氏物語をきちんと読む前にでも、と思っていたが、つい購入してしまう。

古典基礎語の世界 源氏物語もののあはれ

「もの」という言葉について、主に源氏物語の用例を元に、関連する用語を解いていく。副題の「もののあはれ」はその一つ。

よく言われることだが、紫式部が言葉の用法に厳密であったことがよくわかる。じっくりと取り組んでみようという気にさせる。とはいえ、大部の書。手元にはあるものの、どうしたものか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/09/20/7801787/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。