新編 山と渓谷2016年05月30日 21:17


新編 山と渓谷

山行」からのつながり。山行は、なかなか素人には手の出せない世界。本書も前半の北アルプスを目指すあたりは、「挑戦」色が濃い。後半、秩父の話になると、挑戦は姿を潜め、もっぱら山の緑と渓谷を愛でることに。こちらは、低山巡りの散策をする身にはぐっと身近で、いろいろと共感することも多い。このあたり、山への思いを綴る冒頭2編で、心境の変化の様子を語る。

そうはいっても、明治から大正に掛けての山登り。登山道も整備されておらず、装備もずいぶんと違う。いまからすると、ずいぶんと危ない。反面、当時は多くいたであろう猟師や木樵の拠点を活用したり、野営で盛大に火を焚いたりと、おおらかで、いまではうらやましく思える面も。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2016/05/30/8099125/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。