印旛沼、新川、花見川、河口2017年07月04日 07:26

雨天の合間を縫って、懸案の花見川河口への自転車行を決行。河口から勝田台までは徒歩行で、大和田の排水機場までは、自転車で一度行っているが、通しはまだ。

成田からは、スカイアクセス沿いの新設道を通って、印旛沼の北沼を横断。西沼と結ぶ捷水路に取り付く。捷水路沿いは、相変わらずのウグイスのさえずり合戦。

佐倉の風車とひまわり

西沼の自転車道を半分ほど行くと、風車のある佐倉ふるさと広場。春の花は刈り取られ、ひまわりを育成中。開花まではまだかかりそうだが、大きく育ちそうなので、楽しみ。

西沼の先は、新川沿いに進む。海に向かうには遠回りだが、車を気にせずに済む。東葉高速線を越えると、大和田の排水機場。少し先に京成線が見えるが、川沿いの道はいったん途切れるので、16号側に少し回り道をする。

再び川沿いに取り付くと、この先、海まではほぼまっすぐ。しばらく、森の中、土の道を行く。舗装道に出ると、日差しがきつくなるが、もう少し。

幕張のイオンでモス

せっかくなので、メッセの前を抜けて、幕張新都心のイオンで休憩。ここまでで約4時間。甘いものを求めて、グランドモールからファミリーモールの端まで行ったのに、ミスタードーナツが閉店していて残念。しかたがないので、上のフードコートのモスで、アボカドバーガー。

花見川河口の浜

休憩後、花見川に戻り、河口まで。波のきらきらがまぶしい。

花見川河口の浜から工業地帯

南に目を転じると、千葉港の工業地帯。手前の草地では、対照的に、のんびりする人たち。

道の駅やちよで牛乳ジェラート

帰りは、溜まった疲労回復を兼ねて、道の駅やちよに立ち寄る。狙いは、アイス。今回は、牛乳。アイスと称しているが、軽い口触りはジェラート風。バニラとは異なり、さっぱりとした牛乳の風味がいい。一番人気なだけはある。

沿道で草を食むヤギ

あとは帰るだけと思っていたら、沿道にふと現れた草を食むヤギ。繋がれていたので、ご近所の飼いヤギかしら。このところヤギというと立川が有名だが、こちらは小綺麗で角も立派。お休み中の鬼灯のスケープといった風。

ガルブレイス - アメリカ資本主義との格闘2017年07月04日 21:15


ガルブレイス

伊東光晴氏の淡々とした語り口。放送大学の講義と教材を見た印象からは、伊東氏の研究自体、ガルブレイスの実証主義に多くを負っているのではないか。

ガルブレイスの一生を追う本ではあるが、今のアメリカについても多くを教えてくれる。今の大統領やその支持者が固執する考え方は、どこから来ているのか。欧州と同じ「自由」を標榜しながら、社会福祉への取り組みがなぜ正反対になるのか。

ノーベル経済学賞については、手厳しい。「それは本来のノーベル賞とは異なり、スウェーデンの銀行がつくったものであるが、銀行の方針ゆえに福祉国家推進論者は除かれ受賞者の業績のほとんどは、歴史の中で忘れられていくもの(第2章)」、と。ノーベル経済学賞の受賞者の意見を、経済政策の泊付けに使おうとする風潮があるが、その通りなら市井の人を見ていないやり方になる。

本書を読み進めると、アメリカの経済学が、アメリカの政治や国の事情に深く根ざしていることがよくわかる。確かに、「その国の経済が世界をリードし、中心に位置したとき、その国の経済学が世界の経済学の中心になっていく(第2章)」、とあるが、その事情を飛ばして、この国でも適応する、と無反省に受け容れるのは、やはり無理があると気づきそうなもの。そのあたりが、この国の経済政策がなかなかままならない要因か。とはいえ、学問の辺境では、それを説得する人材もままならないのも実情か。