印旛沼、利根川、手賀沼2017年08月03日 19:49

我孫子から手賀沼経由で歩いてくることができたので、自転車なら往復可能だろうと、出掛ける。

印旛沼のサギたち

朝の印旛沼。スカイアクセス脇から見ると、水草が覆う中、サギの集会。

木下周辺案内図

長門川沿いに利根川の自転車道に抜ける。10kmほどで木下(きおろし)。このあたりで、手賀沼に通じる手賀川の遊歩道に取り付けるはず。道路脇の周辺案内図を見ると、①の地点から降りていけそう。

案内図のルート

それがこの地点。降り道は、草で覆われた道。大型車の通行も多い道を、向かい側に渡り、側道を進み、突き当たりの先の細い道を抜けるが、道なき道で失敗。

印西市大森の標識

復路のルートを逆順に示すと、この少し先、印西市大森の標識のところ。

利根川の河川敷からセブンイレブンへ

そこを下り、その先のセブンイレブンまで車道を走り、駐車場を手で押して抜け、その先を少し進み左折。

我孫子市のポンプ場

ポンプ場の脇の道を行くと、手賀川沿いの自転車道に取り付く。前回歩いたときに、「利根川まで○km」の表示を見ていたので、きちんと接続していると思っていたが、そうでもない。大型車の多い通りを渡ったり、走ったりと、難しい所。

手賀沼下流を泳ぐ白鳥

手賀川沿いに進むと、すぐに白鳥の群れ。この先も、何度となく出会う。ほとんど白鳥の湖。

行く手をふさぐ白鳥

油断すると、道をふさぐものも。近寄ると威嚇してくる。

大分白くなった白鳥の子

手賀沼に入ると子供連れ。前回見たときは、まだ、灰色だったはずだが、大分抜け替わった。

公園に佇む猫

ベンチの下には猫。彼らは野鳥も狙うので、かわいいと言ってばかりもいられない。

湖岸のひまわりの縦列

手賀沼の上側は、親水広場を抜けると、遊歩道はなくなる。沿岸を走る道路を進む。沿岸のひまわり畑。斜め縦列に植えるのがあたらしい。

北柏ふるさと公園のリコリス

沼の西端は、北柏ふるさと公園。公園内に進路を取り、南岸に向かう。公園内には、ピンク色のリコリスの群生。彼岸花の仲間。

道の駅のはちみつジンジャーソフト

南岸は整備された遊歩道。自転車道と歩道を分けている。橋の手前に、道の駅しょうなん。レストランで、柏発のはちみつ×ジンジャーのソフト。けっこう辛いので、生姜好きの人むけ。

満開のハス

その先に、ハスの群生。ちょうど満開。木道があり、近くまで降りていける。