スポーツビジネスと知的財産 - ジュリスト2018年1月2018年09月19日 10:17


ジュリスト2018-01

特集は、東京オリンピックを控えて、「スポーツビジネスと知的財産」。オリンピックビジネスのお金の流れがよくわかる。スポーツの試合そのものは著作物でない(スポーツ映像は別にして)、したがって放映権は著作権に由来しない、というのは気づかなかった視点。スタジアムにビデオカメラを持ち込んではいけない所以。

連載「知的財産法とビジネスの種」では、デジタル消尽を取り上げる。デジタルコンテンツの中古販売は可能か、欧米の事例では有体物であるかどうかがポイントのよう。

判例では、東日本大震災の津波被害についての損賠訴訟(P112)。いたたまれない。
ずさんな手続で導入した裁量労働制を否定する事例(P116)。長時間労働を強い、賃金を抑える意図の典型か。
大量解雇を意図し、近い将来の精算を予定して会社分割をする「泥船分割」の事例(P120)。それなりに名の通った会社でもこんなことをする。「たたかう労働者」はやめられない。