グラボ更新2019年11月07日 06:50

PS Vitaが終息に向かう中、日本ファルコムの新作を遊ぶのにPS4を買うべきか悩むところ、Steamに移植があるじゃないか、とひとつ試すも、動かない。

GeForce GTX 1650

グラフィックボードを更新。GeForce GTX 1650。2万円強。マザーボードの都合で薄型。省エネ機?を目指しているので、商品電力少なめのもの。ESXiサーバへの使い回しも考えて、Quadroにしたいところ、妥協。

Quadro410

更新前のQudro410。

GeForce GTX 1650

更新後のGeForce GTX 1650。ざっと、10倍弱の性能向上。7年の差。このくらいあると、お金を掛ける意義を実感できる。CPUだと、この頃はそうはいかない。

Tokyo Xanadu eX+

試すのは、Tokyo Xanadu eX+。軌跡シリーズと微妙にキャラクターの交流があったり。

Qudro410

Qudro410は、20FPSを切るくらい。辛うじて絵が動く感じ。

GeForce GTX 1650

GeForce GTX 1650は、安定して60FPSを出す。この時、GPUの使用率は3割くらいとまだ余裕。

PS4が3万円強くらいなので、ゲームをするだけなら、お得感はそこそこ。CUDAを使う機械学習の方もメモリ不足から解放されそうなので、良しとする。この手のゲームのためだけなら、もう一つランクを下げても、型落ちでもいいのだけど、長く使うのなら、そのときどきの新しめのものを手に入れた方が、確実。