Cylva F8F タイヤ交換2020年01月24日 16:09

ブリヂストンのCylva F8F。3年でタイヤ交換。月に100kmほどの走行なので、3000kmほどか。
2年と少しで一度、後輪がパンク。その後、気になって前輪と後輪のタイヤを取り替えてみたところ、後輪がずいぶんと軽く薄くなっていたので、交換に踏み切る。

交換前

交換前のタイヤ。左が前輪、右が後輪。

交換後

交換後のタイヤ。地面を掴むグリップ力が確かに向上。少しずつの変化なので、普段は、気がつかないもの。結果として乗りすぎだったかも。同様のペースだと、1~2年で前後輪を取り替えて、もう1年で、両輪交換、という流れになりそう。

お代(税抜)。
純正のタイヤ;各4760円
純正のチューブ;各1980円
近所の自転車屋さんの交換費用;各1200円。
両輪ともクイックレリーズなので同じ価格。そうでない場合は、少々お高くなるらしい。
交換は、前後輪取り替えの際、初めて自分でやってみたが、擦り傷をたくさん作って1時間くらい。このお値段で、2~3年に一度ならプロにお願いするのが妥当。

タイヤ型番

ブリヂストンの純正タイヤの価格は、どうもWeb非掲載で、事前には不明。発注後、問い合わせてもらって聞くと、思いのほかお高い。とはいえ、このサイズと幅(37-406, 20x1.35)で、高めの空気圧(5.5-6.8気圧)となると選択肢がない。F6F(3気圧)だと安かったのか。でもF8Fほどには転がらないんだろうなあ。

他にはと、SchwalbeのMarathonに換装した記事はいくつか見つけたが、純正ほどの転がりは期待できない。同じSchwalbeでは、Kojak(35-406, 20x1.35, 4.0-6.5Bar)あたりが使えるか。ヨドバシで見ると、もう少しお安く上がりそう。使えなければ無駄になるけど。