印旛沼公園、師戸城跡2020年08月31日 17:05

印旛沼(西側)の上回りは未踏破だったと、天気が悪くなる前にと出掛ける。

一本松揚水機構あたり

遊歩道の整備されている下回りと異なり、道路から湖面への距離は遠め。揚水場の引込線を入って景色にたどりつく。水際の道は、管理用で一般は進入禁止。

コスモス畑

道路沿いのコスモス畑。

印旛沼公園入口

車通りの多い道を一本奥に入って、印旛沼公園の入口。中世の師戸城跡。

キツネノカミソリ

駐車場から遊歩道。キツネノカミソリ。

トンボ

運良く、近くにトンボが停まった。赤くなるにはまだ早い。

二の丸あたり

順路に沿って登り詰めると、二の丸のあたり。立派なパンパスグラス。

展望台からの印旛沼

展望台から印旛沼の眺め。

対岸のふるさと広場

対岸に佐倉のふるさと広場。

師戸城跡

師戸城は、対岸の臼井城の支城とのこと。

空堀

散策すると、そこここに空堀。

本丸のあたり

本丸のあたり。木陰が落ち着く。

ふるさと広場の風車

帰りは対岸に渡って、佐倉のふるさと広場。まだ、花壇は空だが、道路脇のマリーゴールドの植栽に和む。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2020/08/31/9290860/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。