土用餅2019年07月27日 13:09

雨が上がり、さすがの暑さ。

土用餅

うなぎではなくて、土用餅。

土用餅

黒糖の風味でやさしい甘さ。

ジンギスカン風やきそば2019年06月28日 06:48


ジンギスカン風やきそば

散歩中、セイコーマートを見てジンギスカン風やきそばの記事を思い出す。早速入店して購入。

ジンギスカン風やきそば

具は少なめ。確かにジンギスカン。香りでわかる。タレはベルに比べると甘め。記事の通り、羊肉を感じさせる程度はそれほどでもなく、敷居は低そう。よい出来と思うが、北海道では本物が身近にあるので、ねえ。

チョコフレーク2019年03月07日 17:15


チョコフレーク

そろそろ終売が近そうな、森永のチョコフレーク。代わりに頑張ってくれそうな、日清シスコ。

森永

森永の原材料一覧。

日清シスコ

日清シスコの原材料。シンプルな構成と、チョコへのこだわり。

チョコフレーク

左が森永、右が日清シスコ。

森永は、フレークは薄めで、軽く、後味に甘みが残る。小箱が主流の時代は、もう少しチョコ感が強かったような。袋入りが主流になり、ライトを経て、今の味になったように思う。

シスコは、フレークは厚めで、ざくざく感があり、チョコの苦みが感じられる。フレークがしっかりしている分、後味はフレークの風味が残る。

さて、今、店頭に並ぶ森永の賞味期限は、2019年の12月。製造終了は2月らしいので、賞味期間が1年とすると、あと、2~3ヶ月は店頭に並んでいそうだが、如何。

Qなっつ2019年02月26日 11:02


Qなっつ

昨秋から出始めた落花生の新品種「Qなっつ」。出回る数が少なく、近場の落花生問屋の直販所でも訪ねてみようかと思っていたところ、近所のスーパーで発見。

見た目は、通常の落花生と変わらず。ただし、口にしてみると明らかに甘い。食感は、柔らかい口当たり。お値段は、500円/100gくらい。高級品種と言われている半立よりも、少し高め。人気になりそうな味だが、作付けが増えて、お値段もこなれてこないと。

さて、落花生。同じくらいのお値段でも、加工によってずいぶんと味も変わる。天日干しだと、ばらつきは大きくなるが、味は濃くなる傾向。安価な中国産でも、これは、というものもある。

殻付き落花生2019年02月19日 14:52


殻付き落花生

殻付き落花生。殻込みの値段なので、殻の割合が気になる。

殻の重さ

ちょうど、デジタル秤を手に入れたので、一山測ってみる。殻は23g。

豆の重さ

豆は、62g。計算すると、豆の割合は、73%ほど。乾燥具合でも変わるのだろうが、7割くらいが目安か。

さて、お値段が手軽な中国産だと、豆だけのお値段は、大袋で100gあたり130円くらい。地元の千葉八街産だと、同じ比率で計算して100gあたり530円くらい。たまに奮発する京都の甘栗よりも高価かも。なかなかに高級品である。

18切符で駅そばのはしご2018年12月31日 16:39

冬の18切符。駅そばのはしごに出掛ける。遠出もいいが、こんなのもいい。

やしまのそば

行徳のやしまで、ちくわそば。西葛西の本店は、去年、大晦日は店頭での年越しそばの販売のみだったので、こちらに。地元のお客で賑わう。行徳の地にも定着したようでなにより。

かもが集う江戸川

江戸川に足をのばす。川面に鴨が集う。

船宿をゆく猫

今日は猫も豊作。船宿に半分飼われているような猫が数多く棲む。陽が暖かいせいか、遊歩道のあたりに勢揃い。

外環

外環も開通。歩道橋も工事途上だが通行できるように。

弥生軒のそば

西船橋から常磐線に出て、我孫子の弥生軒で唐揚げそば。今日は1個。そばは、よくある駅そばだが、大きな唐揚げを載せて、これはこれで名物。張り紙によると常磐線のホームにある5号店は、この先、改修のため、しばらくお休み。

NARITA酒フェスティバル2018年11月23日 17:20

昨日とはうって変わって快晴。買い物ついでにNARITA酒フェスティバルに寄る。

成田酒フェス

駅から表参道を進み程なくで会場。午後だったので、うなりくんグラスは売り切れ。

旭鶴

豊乃鶴酒造

鍋店

小さなグラスは、45ccほど。100円から。いくつもまわるならこれくらいでないと酔いが回る。もちろん、大きなグラスを傾ける人も。地域の酒蔵の他、JetStarの協賛で高知や宮崎の焼酎なども並ぶ。大吟醸、生酒にひやおろしと目につくところ、個性ある純米を求めて三件ほどはしご。梅酒や甘酒も気になったが、このへんで。

伊勢うどん2018年11月21日 10:45

秋葉原に伊勢うどんのお店があるというので、出掛けついでに寄る。

伊勢うどん

基本の伊勢うどん。580円。チェーンのうどん店なら、同じくらいの価格でいろいろ付く。それでも、三重にゆかりのイオンがたまにフェアで取り扱うご自宅用を、家で調理するとそれなりに難しいので、ちゃんとしたものを食べたいのならば「あり」な水準。

お店は、千石の通り。電気街らしい一角。奥に細長く、カウンタのみ。

東京駅

PCパーツ店を冷やかした後、様変わりした東京駅付近を通り過ぎる。ここだけ見ると、攻殻で描かれた未来都市が現出したかのよう。