ソシオエコノミックス、西部邁の経済思想入門2019年10月18日 16:37


ソシオエコノミックス

昭和50年刊。1975年。学生時代の参考書を発掘。西部氏の最初の頃の著作。

最初の数頁で、たいへん読みにくい本であったことを思い出す。特にプロローグが厳しい。用語に、その用法も独特。「頭のいい人」の文章。多数の文献とその研究を踏まえた本であるが、そこから導かれる道筋をかみ砕き、再構成することなく提示する。おそらく著者は、多数の研究をそのままの形で頭に入れ、自由に出し入れできる才の持ち主。そうでない読者は、自らかみ砕き、再構成しながらでないと、論旨が頭に入ってこない。

しかし、経済学の諸理論が単純化に走りすぎ、人間や社会といった複雑なものとの関連を忘れがちであり、専門分化した諸学問は協同して、この複雑な対象を解明すべき、との視座は確か。

「あれこれ間に合わせの政策提案を根拠づけるために消費者主権や生産者主権といった「虚偽の意識」を持ち込むより、現実がどうであるかということにかんするイメージを確かなものにするほうが優先する(P192)」といったあたりは、今そこにある社会とその成り立ちを見据えるべきとし、将来の保守の論客としての立ち位置を予感させる。

「孤立学として発展してきた経済システムは、人間と自然と社会組織を破壊する(P267)」と論破し、当時の公害問題を踏まえつつも、現在進行中のグローバル化やSNSなどのコミュニケーションツールを用いた経済行動の弊害をも予見する。

「必需品とは、共同の社会的枠組みをつくり、そのことによって社会の安定に寄与する財のこと(P290)」といい、幸福や平等といった理念のレベルで思考を止めるのではなく、実質に考えを進めて答えを導く姿勢を求める。

学問の過程を、直感、仮説の定立、検証、実践、と進むものとすれば、本書は直感の少し先に位置するくらい。本書では、実践に身を投じた宇沢氏を評価するふうでありながら、本人は経済学と距離を置き、論客として活躍することになる。

西部邁の経済思想入門

2012年刊。こちらは、増補分を考えれば、最後の方の著作。

はじめに、で、経済学と距離を置いた理由を告白。いろいろわかってしまった、というところなのだろうが。これが、数理の世界なら、わからないことが自明、となったはずだけど。

本書は、うって変わって読みやすく、わかりやすい。順番からいうと、こちらを頭に入れて、ソシオエコノミックスを手に取るのが正しい。経済学における研究の過程が、その研究を生み出した社会的要請に、その後の評価と共に整理されている。著者のバイアスがあるにしても、十分、中立の立場で、現在での評価を示してくれる。

合間に主張される論は、ソシオエコノミックスでなされた論と驚くほどぶれがなく、一貫している。最後の章「総合の経済思想」は、学際研究が必ずしもうまくいっていないことを示しつつも、経済学を含む社会科学の可能性を信じる言葉で閉じる。

芭蕉の方法2019年08月25日 17:08


芭蕉の方法

岩波の図書を毎月読んでいると、年に一度ほど、歌仙が登場する。読み手の評があるので、おおよそのところはわかるが、基本的な理解を深めておきたいと手に取る。

連歌、連句の説明は中程から。猿蓑の「市中は」歌仙の解説をその後に収める。前半は、詩を読むこと、書き手との関係、について、考えることが中心。連句を手っ取り早く知りたい、という向きには、まどろっこしい。

どうも、散文ばかりを読んできたためか、詩歌にはなじめない。古今にしても、現代詩にしても、集中がつづかない。漢詩はそこそこ。ところが、まどろっこしさを感じていた前半の考察は、詩を楽しむヒントを示唆していると気づく。思わぬ収穫。さて、余白と飛躍、この二つを意識していけば、もう少しなんとかできるか。

幻想の経済成長 - The Growth Delusion2019年07月03日 09:16


幻想の経済成長

政策ツールとして偏重されるGDPについて、成り立ち、功罪、代替指標、などについて、多数の国におよぶインタビューや取材を通じて明らかにしようとする。

専門書というより一般書との位置づけなので、読みやすいが、同じような話が繰り返され、やや冗長ぎみ。SFやファンタジーでも、これでもかとエピソードを詰め込む本が多いが、これは英米の読者の好みによるのかも。経済番組などで論を張る経済成長論者と正面切った議論があれば、もっと迫力が出た。

GDPの効用と限界を理解しつつ、各国の目指すところに従い、いくつかの指標を併用すること。経済指標を耳にする私たちが、それを鵜呑みにせず、その意味するところを理解するように努めること。このあたりが、本書の一応の回答といったところ。

株式市場などが、単純なAIの活用で、経済成長偏重の判断をしているようなのが、懸念。有権者の変化を、実際の政策判断の変化に向かわせる障碍になりかねない。ここでも技術者の倫理が問われる。

ヘーゲル復権 思想2019年1月2019年06月30日 11:37


ヘーゲル復権

積ん読の精神現象学あたりをなんとかしようかと、と手に取る。編集者の説明などはなく、論文が並ぶだけの体裁。順番に読むとすっと入る、というわけでもなさそう。

西洋の哲学に明るい訳ではない身では、「ヘーゲル論理学の意味論的解釈」、「復活するヘーゲル形而上学」、「行為者性の社会理論」、あたりから読むのがよさそう。アリストテレスあたりから、カント、ヘーゲル、現代に至る流れを先に掴んでおきたい。

「貧者は承認されうるのか?」
悪しき良心→自然状態への回帰→野生化、野蛮化
富むものも賤民になり得る、という下りは、妙に得心がいく。
1900年代にヘーゲルが危惧し、解決策を見いだせなかったこと。そこに、マルクスが革命の可能性を感じたこと。
深読みすると、先々の世界大戦への途をひらいたのかとも。
歴史のときどきに見られる現象に思えるが、現在の状況をも説明するものなのか。

トマス・アクィナス「神学大全」2019年06月29日 11:03


神学大全

「神学大全」の紹介や要約ではなく、論集。13世紀の神学者の思想、考えたことが、現代の私たちにとって、「挑戦の書」である、という立場で論じていく。

読書中、頭から離れなかったのは、キリスト教世界の内なる議論にとどまるのではないか、現実の多様な価値観がある中でどこまで説得性を持つのか、ということ。「神」は、「近づくべきもの」「愛の対象」との姿勢に、どこまで得心がいくのか。

「神」や「仏」、人によって思い浮かべるものはそれぞれ。「山の神」「海の神」「地の神」ではないが、お世話になっているけど、近くて遠いもの、いざとなると猛威を振るうもの、おこぼれに与るもの、畏れるもの、隔絶したもの、という捉え方だと、共感を得にくい。

人とゴールを同じくする愛が存する、ことにリアリティを感じるか、そこが分かれ目。そうであれば、断絶を超える存在の意味が大きく現れる。

第七章、法の支配における「共通善」を論じるが、近代以降では「憲法」にその役割を期待している、と理解している。憲法判例を読んでいるとにじみ出てくるものがある。素の社会契約説のままではない。「憲法」に込められた思いは、各国それぞれではあるけど。

和漢診療学 あたらしい漢方2019年05月31日 10:16


和漢診療学

人間ドックで院内をまわっていた折、内科の掲示板で紹介されていた本。

漢方というと、なんとなく効き目の穏やかな薬、という理解が実は危ない。分析的な取り組みで進歩してきた西洋の医学、患者と向き合い心身の全体性から導く治験を積み重ねてきた漢方の医学、物事の見方が異なるというのが本質。薬の効き方の話ではない。

この両者を融合し、西洋の医学に全体性を見る方向性を、漢方の医学に理屈や説明を与えようとするのが、本書の題名となる和漢診療学。症例をもとにした解説に納得力がある。研究は途上で、著者の見解にとどまるものも多いが、自身の健康を考える上でも示唆に富む。

頭に浮かんだのは、統計の力を借りて品種改良を進めてきた農学や、有用な物質の発見を目指してきた化学の世界。それぞれ理屈や仕組みを知りようのない中、試行錯誤を経て結果を出し、最近になってコンピュータシミュレーションなどで仕組みがわかるようになってきた。そう見れば、特段不思議でもおかしなものでもない。ごく自然な方向性である。

NHK受信料訴訟 - ジュリスト2018年5月2019年02月28日 10:15


ジュリスト2018年5月

特集は、2017年12月の最高裁大法廷のNHK受信料にかかる判決。NHKの設立は、昭和25年の放送法に基づく。その立法趣旨まで遡り、「公共放送」を担うあり方として、放送をめぐる環境変化が生じつつあるとしても、現状の有り様を憲法に反するものではない、と判示。

逆に、環境変化の行方によっては、有り様を変えていくことが必要であり、いっそうの自己規律、自己変革を求めているとも読める。NHKにフリーハンドを与えるものではない様子。

「公共放送」の制度設計としては、財源の確保と、政治的なプレッシャーから一定の距離を取ることが求められる。米国では、公的な財源の方が、時の政権の影響を受けやすく、私企業中心の方が望ましいとされている(P.19)など、文化の有り様に強く影響される。NHKの受信料制度も、大多数の世帯が自主的に受信料契約を受諾することで成り立っており、この国らしい。

求められることも自ずと異なる。日本では、災害などで、全ての人に迅速で正確な情報提供を行う要請が強い。しかし、米国の同時多発テロで電波塔が倒壊し、低所得者層の多い地域への電波が届かない事情が生じた際、「それは彼らもビジネスだからしょうがない(P.31)」と是認する意見があったという。これも、地域差から生じる違い。

「公共放送」。普遍的な制度があるわけでなく、どの国も、微妙なバランスをとるために、ある意味「中途半端(P.45)」な制度を上手に運営していくことが求められている。

冒頭の「租税判例速報」では、馬券払戻金の税金をめぐる別の判決「札幌事件」を取り上げる。結論は、これまでの流れを汲むが、今回は、コンピュータソフトウェアを使用していない。そろそろ、法的な手当てを行い、区分を明確化することが必要そう。

景品表示法の現状と課題 - ジュリスト2018年4月2019年02月10日 13:34


ジュリスト2018年4月

特集は、「景品表示法の現状と課題」。「eスポーツ大会における賞金提供と景品規制(P.40)」では、話題となったeスポーツの賞金をめぐる議論を取り上げる。発端は、H29.7の日経電子版の記事。本論を読む限り、よほどのことがないと、公取や消費者庁が出てくるようには思えないが、疑義があると企業は手を出しにくい点に一石を投じたか。

冒頭の判例速報「プロダクト・バイ・プロセスクレームと明確性要件」では、東洋ライスの特許(金芽米かな)をめぐる事件を取り上げる。製造方法によってでないと、特許対象を明確に出来ない場合の苦労がわかる。

新連載「働き手・働きかたの多様化と労働法」がスタート。初回は、「働き方改革と労働時間法制の課題(P.56)」。働き方改革法案は、労使の妥協の産物であり、双方に課題が多く残る。現状は人手不足。対策として、設備に投資するも、人に投資するも、見極める経営者の能力向上こそが必要。そうでないと、生産性向上はなかなか得られない。

「時の判例」では、「強制わいせつ罪の成立と行為者の性的意図の要否(P.78)」の最高裁大法廷の判決を取り上げる。刑罰は、重大な結果をもたらすだけに、処罰範囲の明確化が必要であるのに対し、対象によっては、その時代の「社会の受け止め方を踏まえなければ、処罰対象を適切に決することが出来ないという特質がある(P.80)」。この両方の要請を踏まえ、どう判断していくか、難しい判断に取り組んだ事件。

事件自体にもいろいろ考えさせられるが、この先、社会的な認識の多様化がいっそう進むと、被害者、加害者共に納得のいく判断が難しくなっていき、刑罰の社会における役割が果たされにくくなっていく、とも心配になる。

「うつ病を理由に退職した社員に対する損害賠償請求の違法性(P.118)」は、退職に対する嫌がらせ事件。訴訟にまで至るとは、両者の間によほどの確執があったのかもしれないが、判例からはそこまでは読み取れない。しかし、実際に、月収20万円ほどの従業員に1000万円を越える損賠を求めて訴える経営者がいるというのは、勝っても負けても、勤め人には悩ましい。人付き合いには、やはり慎重に。