Mathematica Cookbook2015年01月06日 17:52

2014年末にMathematica 10へのバージョンアップのお知らせが届く。このところ年末恒例。今では、Home Editionが用意され、5,6万円くらいなので、まあ、できないこともない(業務用途での使用は不可、金額はメールでのみお知らせ)。
http://www.wolfram.com/

手持ちにあるのは、ver.4.2、2002年のCopyright。当時、研究職的な仕事をしており、ITにももっと数学を、と意気込んだもの。こちらはStandard Editionなので、今でも、手持ちで最も高価な買い物の一つ。仕事内容も変わり、その後、使うにしてもRの方がメインに。もっと使いこなさないと、と今さら奮起。

Mathematica Cookbook

手にしたのは、Mathematica Cookbook。なかなか手頃な本がない中、高機能なソフトの前で固まる人向け、とあり、共感。Amazon.comのKindle版。数式やグラフはKindle本体では見にくいので、PC版のアプリを利用(デスクトップ版)。Amazon.co.jpはPC版を提供していないが、Amazon.comはOK。なお、ストアアプリ版はリージョンの制限があるのか、導入できない。

Mathematica学習中

読書中のデスクトップ。ver.4はWindows XPまででしか動作しないので、VMware WorkstationのUnity機能を利用して、Win8.1のデスクトップに表示。これだと、Kindleやブラウザ、辞書ソフトなどと一緒に読み進められる。XP上のIMEの動作にはやや不都合があるが、目をつぶる。

本に戻る。ざっと読んだところ、ver.7くらいをベースにしている。ところどころ、それ以前のバージョンへの言及がある。著者はver.3から使い始めたらしい。Wolframの製品説明では、Mathematica言語はver.1からの互換性がある、といっているが、アドオンで提供されていた機能が標準に取り込まれるような場合、仕様変更がかなりあるので、例題を動かすのにそれなりに手間を伴う。また、ver.6、ver.7で大きな仕様追加があり、その分は実行できない。

内容は、大きく4つ。全19章。
※分類と、和訳は適当。

1)基本機能
1章「数の扱い」
2章「関数プログラミング」、対話操作するにも一応は必要。
3章「データ構造」、行列などはここ

2)数学の問題を解く
10章「代数」、方程式の解法など
11章「解析」、極限、級数、微積分、微分方程式、漸化式など
12章「統計」、基本統計量、乱数、確率分布、標本分布、回帰分析、分散分析、仮説検定など
 ver.7で大きく拡充され、Rでできることの多くができそう。

3)応用
13章「理学工学」、化学、遺伝、力学、電子回路、有限要素法など
 ver.7には分子や素粒子の基礎データも入っているのは驚き。
14章「金融工学」

4)プログラムを組む
残りの章、グラフィックやイメージ処理なども
ver.6からアニメーション機能が対話的に。ver.7から並列処理が充実。

数学や物理の本を読みながら、例題を解く、グラフを描いてみる、くらいをめざすなら、1)と2)に目を通せばよさそう。実際、このあたりを中心に読み進めた。記述は、どちらかというとTips集的な書き方なので、本体付属のヘルプをしっかり読みつつ進めることになる。

ひととおり読み終えてみて、著者の興味分野によるのか、それなりの偏りを感じる。代数の記述は弱めかな。整数論は最近の機能なのかな。複素関数はあまり見かけず。幾何はもともと少ないのか。まあ、ある程度の地図は頭の中に描けたので、この先は自修に努めることにする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/01/06/7532945/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。