Network Timeアプリリリース2015年02月17日 14:22

練習がてら作成していたWindowsアプリを無事リリース。

Windowsストアでの掲載

NTPの問い合わせを行い、PCの時刻とのずれを確認するアプリ。1ページだけのシンプルなもの。まあ、検索しないと見つからないだろう。日本標準時のプロジェクトにJavaScriptで動作する時刻表示のページがあるが、およそこれに近い機能を提供するもの。

※アプリのURL

※日本標準時のプロジェクトの時刻表示のページ

※日本標準時のプロジェクトの公開NTPサーバ

Windowsストアでの掲載

こちらアプリの紹介ページ。

アプリ認定のステータス

アプリ登録直後の管理ページの表示。これを見ると、登録からストアでの掲載まで一週間くらいかかるように見える。実際は、今朝9時頃に登録して、昼過ぎには掲載の案内があった。ストアで確認できたのは午後2時頃。ずいぶんとスピードアップ。

さて、マイクロソフトは、ストアアプリの開発者を呼び込むために、「簡単」、とのメッセージをしきりに発しているが、実際のところはどうだったか。参考までに、本アプリの作業時間はこんなところ。

1)UIの設計と構築: 8時間
 図面を引いてというわけではなく、Visual StudioのXAMLデザイナで試行錯誤。

2)仕様の理解: 6時間
 この場合、NTPの仕様書(RFC5905)の読み込み。
 自分にわかるかたちで図に書き下すと便利。

3)クラス設計と作り込み: 22時間
 システム時刻用のクラス、ネットワーク時刻用のクラス、ListView表示用のコレクションのクラス、など。二つ目がメイン。デバッグも含む。

4)イベント処理の作り込み: 4時間
 通信結果の受け取り、チャームを開いての設定変更、など、イベント処理は不可避。

5)エラー処理: 2時間
 処理は少ないので、エラーも少なめ。UIにメッセージを出すには、ここでもイベント処理。

6)チャームを開いての設定処理: 7時間
 アプリの説明や、設定変更、プライバシーポリシーの表示などの作り込み。
 ここは、SettingFlyout(チャームで右から出てくる)の理解に時間を要した。

7)多言語対応: 5時間
 日本語の他に英語に対応。メッセージの切り出し、翻訳など。対象の単語と短文は30ほど。
 多言語アプリ ツールキットが便利。Wordの校正機能も活用。

8)UIのブラッシング: 2時間
 ひととおりできあがって、動かしていると、いろいろ調整したくなる。

9)ロゴとスプラッシュの作成: 5時間
 pixiaでピクトグラム風のロゴを作成。簡単なものでも結構時間がかかる。
 絵を描くツールを一つくらい習熟しておく。

10)プライバシーポリシーとサポートの記述: 2時間
 手を抜いて、asabloのページを利用。コメント機能があるので便利かと。
 英文の方は、書きっぷりに悩む。いろいろ渉猟して例文を探す。

11)テストケースの作成とチェック: 3時間
 ひととおりデバッグはしているが、書き下して一覧にして整理することは有用。
 MSが例に挙げるガイドラインに従うと、30程度になる。ゲーム用などは省略。

12)ダッシュボードの記述: 4時間
 アプリを提出するにあたり、必須の記述項目が多くある。
 アプリの説明に苦心。検索すると、ここでrejectされるケースが多いらしいとある。

13)最終チェックと提出: 1時間
 提出用の記述は一晩寝かせて、もう一度チェック。

というわけで、シンプルなアプリではあるが、計71時間。1日8時間がんばるとして、2週間弱かかる計算。実際に掛けたのは3週間くらい。作り込みの部分は、習熟すれば、ぐっと少なく出来そうだが、どうしても手間がかかる部分もあるので、それなりの手間は必要そう。確かに、「簡単」にはなっているが、一日二日でちゃっちゃっとできる、という簡単ではない。その代わり、しっかりとしたガイドがあるので、それなりのものが出来るようになっている。