NumericUpDown - WinRT XAML Toolkit2015年03月05日 10:05


NumericUpDown

WinRT XAML Toolkitから、今回は、NumericUpDownを利用。少々マイナーなコントロールなのか、検索しても余り実例が見当たらないので載せておく。

上図では、数字の右にマイナスとプラスのアイコンがあるのがそれ。タブレットなどでキーボード入力なしで済ませたいときに便利。

NumericUpDown - XAML

XAMLの実際の記述例。緑の下線を引いた部分が、最初の図の左上のコントロールにあたる。

1)ValueFormat="F0"
数字の書式。今回は整数値なので、"D"としたかったが、例外が発生。代替として"F0"を設定。

2)背景色(Brush)を設定すると、数字の枠の背景がうっすらと透ける。この辺の実装は甘め。今回は、乗っかっているStackPanelの方で背景色を設定。

3)数字枠やプラス・マイナスのアイコンの大きさは変わらないようので、幅と高さの融通は余り利かない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/03/05/7584549/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。