VisualStudio 2015 リリース2015年07月21日 11:21

2015年7月20日、VisualStudio 2015がリリース。日本時間だと夜。さっそく、日本マイクロソフトでは、ニコニコでイベントをしていたが、深夜なのでパス。

VisualStudio 2015 Pro

朝、改めてMSDNのSubscriptionからダウンロードして、インストール。

スタート画面

起動後のスタート画面。ぱっと見て、2013と大きくは変わらない。先にプロダクトキーを取得しておいたせいか、プロダクトキーを改めて聞かれることもない。MSアカウントのログインで一緒に処理してくれたのかも。

Windows8.1ツール

VisualStudio 2013で開発中のソリューションを開こうとすると、Windows8.1ツールのインストールを求められる。インストール後、ソリューションを開いて、何事もなく編集、デバッグを実行できる。開発途中のツールの切り替えも問題なさそう。

ライブコード分析

少しさわって便利そうなのは、ライブコード分析。コードの左端に電球が現れて、修正のアドバイスをしてくれる。少々、お節介が過ぎることもあるようだが、参考にはなる。また、プロパティやメソッドがどのくらい参照されているか、誰が最近編集したか、何回変更されたか、などの表示が現れる。後者は、VisualStudio Onlineと連携しているため。

診断ツール

もう一つは、テスト実行での診断ツールの使い勝手が向上している。標準で右側に表示が現れ、メモリやCPUなどの利用状況を表示してくれる。これまでは、別に起動するツールだったものが、統合された。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/07/21/7713196/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。