イオンのWindowsタブレット修理2015年09月28日 19:38

イオンのWindowsタブレットの電源が入らなくなる。

イオンモバイルサポートページ

サポートページを見る。イオンの代表の問い合わせ先のほか、本体と通信サービスへの問い合わせ先が掲載されている。

※サポートページ

イオンの応対もどのようなものか気になるところだが、素直に本体の問い合わせ先に電話する。電源ボタンを30秒ほど押してみて、とのこと。マニュアルには5~10秒程度の記載だが、30秒で異なる動きをするのか。何度か実行するも、状況は変わらず。結局、修理対応。ここから、妙に応対が丁寧に。類似の問い合わせが多いのか、イオンに何か言われているのか。

集荷伝票

修理には、営業日で最長7日かかるとのこと。佐川が集荷に来てくれた。

着荷伝票

ぴったり、営業日で7日を過ぎたところで、修理された本体が戻ってくる。途中、受領の連絡などがないので、少し不安にはなったけど。

連絡票によると、マザーボード不良。外観は変わらないが、ディスクも初期化済み。eMMCなので、マザーに直付けのストレージなのかもしれない。それなら、マザー交換でまっさらになる。

イメージでシステムを回復

データは、One Driveに保存している。また、故障前に、Windows10にUpgradeしていたので、そのときのシステムイメージのバックアップがある。不幸中の幸い。PC設定を開き、保守と管理から、回復のメニューへ。再起動して、「イメージでシステムを回復」のメニューにすすむ。

コンピューター イメージの再適用

「コンピューター イメージの再適用」では、最初、外付けのUSBディスクをなかなか認識しない。USB HUBが悪さをしていたよう。直接接続すると、難なく認識。USBディスクは自家給電だから大丈夫と思っていたのが盲点。

ただし、起動ドライブを初期化する必要があるので先に進めない、とのエラーで止まる。リカバリ用のUSB起動デバイスを作成する必要があるようだ。巷のサイトには不要とするところもあるが、仕方ない。USB起動デバイスを作成し、リカバリをやり直し。

最後にエラー表示が出たが、リカバリ終了。無事に、以前のイメージで起動。Windows Updateを掛けて、次の日を待つと、「Windows10を入手する」のアイコンが現れる。翌日は、Windows10へのUpgradeをやりなおし。

都合、丸2日でリカバリ完了。データ保護の仕組みを色々活用できるデスクトップPCと違い、モバイルのデバイスでは、バックアップイメージを作成しておくことは大切。One Driveの活用も。ロックされるリスクがあるにしても。今のところ、写真や文書の類ならリスクは低い。

以前に比べれば格段に楽になったとは言え、それでも、PCに習熟していない人には故障からの回復は難しい。データへの執着が少ない層が、スマホに移るのもさもありなんとあらためて思う。逆に言うと、データを貯めて活用する習慣を持つ層を育てないと、PC利用者は戻ってこない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/09/28/7816622/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。