成田の古墳巡り2016年12月19日 15:36

古墳というと、畿内や北九州というイメージだったが、近所にもあるということで出掛ける。参考にしたのは、芝山古墳・はにわ博物館のサイト。こちらの研究室のタブに、房総の古墳を歩く、というページがあり、成田市の公津ヶ原古墳群のルートをたどる。結果的に、この時期、木々が葉を落とし、草が枯れ、地形を見るには格好の季節。

給食センターのバス停

成田ニュータウンを南北に貫く道を北に進み、成田北高校の手前で左折。その先、左に折れたところを右折して、外側の太い通りに出ると、給食センターのバス停。

外小代公園

道なりに、南西に進むと、外小代公園。園内に入り、高台を目指す。

外小代公園の高台

開けた高台には、小山がならぶ。これが古墳群。以下道順に並べる。全ては網羅していない。Google Mapを拡大すると表示されるので、参考に。

36号墳

最初は、36号墳。円墳。

35号墳

隣が35号墳。円墳。

34号墳

少し下って34号墳。円墳。

38号墳

38号墳。前方後円墳。看板が形を表す。実際、周囲を巡ってみないとわからない。

32号墳

32号墳。円墳。

37号墳

37号墳。方墳。

31号墳

31号墳。円墳。

30号墳

30号墳。円墳。公園内は、ここまで。

27号墳

公園を出て右手に27号墳。円墳。竹藪の中。

28号墳

道を渡って、28号墳。円墳。

スカイアクセスと印旛沼

もう一度、道を渡って下ると、眺望が開ける。スカイアクセスと印旛沼。往時は、もう少し水が近かったか。見晴らしのよい場所に、墳墓を建てたことがわかる。

25号墳

その先に25号墳。円墳。

八代遺跡前バス停

少し先に、八代遺跡前のバス停。ここを左折。道なりに100mほど進む。

玉作遺跡はここから入る

左に少し折れた先、右側に緑道の入口。ここを入る。

八代玉作遺跡

八代玉作遺跡。東日本で初めて発見された玉作遺跡。宝玉の工房。

22号墳

道を戻って、さらに南下。住宅街の中のこんもりとした森を目指す。最初来たときは、謎だった場所。東側にぐるりと回って階段を登ると、22号墳。円墳。

23号遺跡

23号墳。方墳。

24号墳

奥にまわって、24号墳。方墳。

戸崎近隣公園

近くに、戸崎近隣公園。

21号墳、天王塚

さらに南下。21号墳。天王塚。かなり大きい。今は、神社。

吾妻の緑道

東に抜けて、大通りに出ると、高いところを緑道が通る。こちらに移る。

20号墳

吾妻小学校が見えてくると、校庭に20号墳。円墳。入れないので、遠くから。

19号墳

同じく校庭内に19号墳。標識が見えない。

15号墳

分岐を左、緑地に入って、右手に15号墳。円墳。

14号墳

隣に14号墳。円墳。

13号墳

もう一つ、13号墳。円墳。

12号墳

さらに、12号墳。円墳。

16号墳

道路の反対側に、16号墳。前方後円墳。

11号墳

団地に入る歩道を右に入って、柵の向こうに11号墳。円墳。

10号墳

その先に10号墳。円墳。

9号墳

左折して、元来た太い道に出ると、赤坂公園。園内すぐに、9号墳。円墳。

8号墳

公園中央に大きな8号墳。前方後方墳。前も後ろも四角。


少し脇から。奥に続くのがわかる。

赤坂公園の鴨

赤坂公園内には、鴨ご一行が大勢。

7号墳

池の脇の小道を抜けると、ボンベルタ。ドトールを横目に裏手に回ると7号墳。円墳。

ニュータウン古墳マップ

ぐるりとまわって東に向かうと、ニュータウン古墳マップ。

6号墳

マップの裏手を登ると、6号墳。方墳。

5号墳

奥に5号墳。方墳。ショッピングセンターや銀行が並ぶ敷地に忽然と現れる緑地は、古墳群。

保護色の猫

郵便局脇を抜け、通りを渡り南下すると、緑地。枯れ草に同化する猫。このあたり、犬猫が飼えない団地が並ぶが、猫をよく見かける。

4号墳

緑地内に4号墳。円墳。

3号墳

隣の緑地に、3号墳。前方後円墳。

2号墳

2号墳。円墳。

1号墳

奥に1号墳。円墳。

どれも、ただの小山といえばそうだが、多くが見晴らしのよい場所にあり、なるほど、この場所を特別としたかったのだな、と思いを馳せる。

コースガイドには、西に谷を渡った先の麻賀多神社に39号墳があるが、ちょっと遠いので、また、今度。