マジカルランド シリーズ;ロバート・アスプリン2022年03月09日 14:48

水玉さんの挿絵つながりで、マジカルランドシリーズ。
翻訳は矢口悟氏で、早川FTから16冊。版切れで古書サイトでかき集める。

マジカルランドシリーズ

最初の巻は1978年刊で、訳本は1997年。その後、翻訳が追いついて、16巻は2005年刊で、訳本は2008年。平凡な人間のスキーヴが、異世界の魔物然とした魔術師オゥズ(登場早々に魔術の能力を失う)に師事して、続々登場するキャラクターたちとドタバタを繰り広げる。途中、ジョディ・リン・ナイが共著に加わる。

初巻の解説によると、ピアズ・アンソニイのザンス(Xanth)シリーズと並ぶ、ユーモア・ファンタジーの双璧。今、USのAmazon.comを見ると、XanthシリーズはKindle版も含めて健在なのに対し、マジカルランド(Myth)シリーズはほぼKindle化されず、古本がかろうじて。Xanthシリーズはファミリーコメディ寄り、Mythシリーズは社会風刺寄り。このあたりが、今の読者の獲得の差異につながっているか。ネット社会やクレジットカード社会を笑い飛ばすあたりは、そんなに古くないと思うのだけど。

アスプリン逝去の記事

ロバート・アスプリン氏は、2008年5月に逝去。上は、SFマガジン2008年8月号の記事。

翻訳は16巻までだが、シリーズは続き、Amazon.comで調べた範囲では、こんなところ。
2006 Myth-Gotten Gains;オゥズ活躍編。16巻のあとがきで訳者の予告はあったのだけど。
2007 Myth-Told Tales;短編集。
2008 Myth-Fortunes;オゥズ活躍編。
2009 Myth-Chief;スキーヴ活躍編。
2011 Myth-Interpretations;短編集。アスプリン未刊の短篇を含む。
2016 Myth-Fits;ジョディ・リン・ナイ単独作。

本作と言えば、章の前に付けられた巻頭言が秀逸。著名人の一言なのだが、著者の創作。いかにも言ってそうなところが面白い。身近なところでは、ドナルド・トランプ氏が1994年と2005年の巻に登場。ずいぶん前から、言動は注目されていたのだと知る。