乾電池が使えるデジカメ PowerShot A14002013年12月03日 17:39

デジタルカメラは、4台目になるだろうか。キヤノンのPowerShot A1400を購入した。調べてみると、乾電池が使えるデジカメは、ほとんど無くなっており、主なメーカーでは、キヤノンのA1400くらいしか残っていない。Amazonだと、旧製品もまだそれなりにリストアップされるが、メーカーのホームページを見るとほとんどが製造終了。2台目のデジカメは、専用の充電池がなくなってやむなく利用を中止した経緯があり、3台目は乾電池が使えるものにした。富士フイルムのFinePix A800。まだ、健在だが、乾電池が使えるデジカメが絶滅寸前と気づき、調達した次第。

あちこちで書かれているように、旅先で電源を確保する容易さ、いざというときに充電池が空で後悔する羽目に陥らない、など、乾電池式の利点は多い。個人的には、カメラは10年を越えて長く使いたい、という思いが強い。電池のために寿命を限られるのは忍びない。キヤノンのA1400は、2013年の初め頃の発売でそろそろ1年。せめてこのくらいは、長く製造を続けてもらいたいもの。

このPowerShot A1400、実売価格は1万円程度で、趣味人向けではないかもしれないが、記録用途としては十分。気兼ねなく使える価格帯。FinePix A800も1万円台だったはずなので、同クラス。このクラスは、記事も少ないので、少し、比べてみる。


PowerShot A1400
PowerShot A1400。1600万画素。持ってみると、思いの外、軽い。


FinePix A800
こちら、FinePix A800。830万画素。2007年頃の購入だったか。先日筑波山で滑って、傷を付けてしまったが、機能は無事。金属筐体なので、ずっしり感がある。


方眼紙
最初は、方眼紙。このクラスのカメラの場合、画面の四隅が歪みがち。左がA800、右がA1400。もう少しきっちりとするとうれしいのだが、こんなものか。


とあるゲームの外箱
とあるゲームの外箱。ぎりぎりに収めようとすると、歪みが出る。処分する前、紙であればスキャンできるが、立体物の場合、写真で記録を残す。そんなときに、できればきれいに写したい。


公園の花壇
外に出る。近くの公園の花壇。午後2時頃で、陽の光が明るい。上から、A800、A1400、高級でないスマホ。サイズを小さくしていることもあるが、どれもそれなり。AUTOの絵作りの違いはわかる。


塀の上のねこ
お次は、塀の上のねこをズームで。A1400は、光学5倍ズームなので、気持ち大きく撮れる。スマホは、デジタルズームなので、絵が随分荒くなってしまった。


川を渡る東西線
少し、陽が傾いてきた。遠景で、川を渡る東西線と鉄橋。スマホは赤みが強すぎ。このあたりの調整具合は、カメラはきちんとしている。


冬のたんぽぽ
今度は、接写。赤みの増した日差しを受ける河原のたんぽぽ。A1400は、ぼけてしまった。ピントの合う深さは、機種により異なるようで、慣れがいる。スマホは、色が飛んでしまった。


夕暮れのスカイツリー
最後は、夕暮れのスカイツリー。夕暮れといっても16時くらい。

2007年と2012年の普及価格帯の乾電池が使えるデジカメ。画素数は倍になったが、驚くほど進化した、という印象はない。一日目の印象としては、電源を入れて撮影するまでの時間は短く機敏だが、後処理は少し時間がかかる、といったところ。メーカーや機種の個性の違い程度かもしれない。単なるスペックとしては完成の域に近いことを思わせる。それでも、スマホとは一線を画する。写真に力を入れる高級スマホもあるが、普及価格帯の作り込みの成熟度をみると、それぞれほどほどを持つのがリーズナブルに思う。

さて、PCに写真を取り込むソフトだが、FujiFilmのFinePix Studioがそのまま使えた。ここは、標準化の恩恵。機種ごとに取り込みソフトを増やす必要はないようだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2013/12/03/7090117/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。