正法眼蔵2022年09月08日 08:36


正法眼蔵

最初、岩波文庫の厚い4冊を手に取り、最初の十ページほどで断念。小難しい本もいろいろ読んできたつもりだったが、手に負えないと思ったのは久しくなかった。いきおい、古書店で、日本思想体系本と、しばらく経って日本古典文学大系本も手に入れたところで、積ん読。

この度、一念発起して、再挑戦。思想体系本は、文庫の底本となったものだが、さすがに頭注など充実していてなんとか読み進む。ただ、寺田透の解説は、個性が強く、事前に読んで読解の役に立つという感じではない。

解説の点では、古典文学体系本が優れる。冒頭のもの、収蔵する11巻の巻頭に掲げられたもの、それぞれ要点を押さえたわかりやすいもの。事前に目を通しておくならこちら。

それでも、法華経をはじめとする諸仏典に通じていることを前提にする記述も多く、半分ほど読んだところで、中村元の仏教経典散策(角川)を手に取り、事前に読んでおけば、と少し後悔。ちなみに漢和辞典は必携。

思想体系本に収めるのは、辨道話、75巻正法眼蔵、12巻正法眼蔵。文庫は、加えて付録の5巻。古典文学大系には、75巻正法眼蔵から11巻と、随聞記。一日1~2時間かけて4ヶ月ほど。読了と言いたいが、なんとか目を通した、というのが正直なところ。

とはいえ、道元が面前で講演、講義をしてくれているかのような、肉声が感じられるような語り口は、厳しい口調であることも多いのだが、就寝前の読書体験として格別。

これは、という巻を挙げると、75巻本の24巻「画餅(ワヒン)」。題名の通り、画に描いた餅の話。馴染みの話だが、急展開して、思わぬところに導かれる。

全巻を通して感じるところ、道元は、人にはいろいろのものがあり、仏道の真理に至る契機もいろいろ、したがって、百近くの巻を編み、誰しもその中のひとつでもふたつでも契機のひとつになれば、という思いがあったのでは、と。もっとも、書物に頼らず、只管打坐せよ、と繰り返し書いているのではあるけども。

随聞記は、年表に照らすと、寺というか、参集した面々の組織運営を、懐奘に引き継ぐはじめより、正法眼蔵の執筆を本格化させるまでの、懐奘による5年ほどの記録。正法眼蔵の厳しさに対し、現実の処世での苦労を窺わせる内容。少し柔らかめの口調とあわせて、人間「道元」を感じることのできる一文。

利根川、神崎2022年08月22日 17:42

気がつくとすっかり稲刈りの季節。

群れ飛ぶサギ

乱れ飛ぶサギ。

コンバインの後ろに集まる

別のところでよく見ると、コンバインの通ったあとに集まってくる。小動物の狩り場なのか。

ハスの花

田んぼに隣接するハス畑では、花が終わりかける。

もりと季節の天ぷら

直売所しもふさ併設のそば処でお昼。天そばではなくて、もりと季節の天ぷら盛り合わせ。

道の駅神崎

もう少しいけそうなので、足をのばして、道の駅神崎。

ツバメ

復路、田んぼの中の電線に群れなすツバメ。そろそろそんな季節。

ホオジロかな

お隣で、さえずりを続けるのが一羽。ホオジロかな。

印旛沼、やちよ2022年08月19日 19:36

三週続けて印旛沼から道の駅やちよへ。県道406が通行止めなので、よい道を探し中。今回は順天堂大の脇を抜けてみた。

田んぼの実り

田んぼは穂が垂れてきた。早いところは刈り取りをはじめるところも。

トビかな

暗いけど尾羽の形からはトビかな。

印旛沼遊覧船

印旛沼の遊覧船。二隻連なって運行。

ふるさと広場

ふるさと広場の風車のまわりは変わらず。コスモスまでしばらく待ち。

ほうじ茶アイス

道の駅やちよ。今日もほうじ茶アイス。後ろに並んだ面々が枝豆推しだったがどうなのかしら?

梨畑

腕の調子が良いので少し足をのばす。途中の梨畑。

ゆらゆら橋

八千代広域公園のゆらゆら橋。

図書館のカフェ

橋のたもとの図書館のカフェ。休憩所。食事の提供が回復すれば、ここで昼食休憩でも。この先は、終点の稲毛海浜公園までよい補給所はない。

花の丘公園

復路は、464経由。北総花の丘公園で休憩。ここのひまわりはまだ見頃。

印旛沼、やちよ2022年08月12日 18:37

先週に引き続き、印旛沼の自転車道でやちよ。

農道にムクドリ

農道に大勢のムクドリが集まる。この季節、何かあるのか。

飛び立つ

飛び立つ。

藻の上で踊るサギ

印旛沼に茂る藻の上で、サギがダンス。風が強いので遊んでいるのか。

いつもの橋梁にツバメ

464の橋梁には、今年も大勢のツバメ。

滑空する鵜

印旛沼の水面を滑空する鵜。

ふるさと広場

ふるさと広場の風車。道ばたのひまわりも刈られ、マリーゴールドのみ。

今日もほうじ茶

道の駅やちよ。今週もほうじ茶アイス。お昼はお弁当で軽く。

橋の下にコブハクチョウ

橋の下には、コブハクチョウ。

吉高の大桜

印旛沼捷水路沿いの自転車道は当分不通の見込みなので、新川から北に抜けて、帰路は、464沿いに。寄り道して、春には来れなかった吉高の大桜。少し葉焼けしているが元気。

ひまわり

まわりには長丈のひまわり畑。こちらは見頃。

印旛沼、やちよ2022年08月05日 18:40

骨折明けで4ヶ月ぶりの自転車行。最初は近場から、道の駅やちよへ。

田の道

近所の田んぼは出穂の季節。

印旛沼

印旛沼はまだ全面、藻に覆われるには至っていない。

県道406

印旛沼捷水路沿いの県道406。1月の通行止めが継続中。千葉県の通行規制情報に未掲載なのが悩ましい。

法面崩落

法面崩落現場。この下に自転車道がある。1月よりも崩落が進んでいるような。橋も心配。

抜け道も閉鎖

佐倉印西線。農産物直売所の先の捷水路沿いに降りる抜け道も閉鎖。遠回りでなんとか、自転車道に取り付く。

ふるさと広場

佐倉ふるさと広場。先週までは、ひまわり畑だったが終了。コスモスの準備開始。

ひまわり

ひまわりは道沿いの下段に一列だけ。

道の駅やちよ

道の駅やちよ。

肉味噌麻婆野菜

農業交流センターの方のレストラン。肉味噌麻婆野菜。いつも野菜がおいしいが、春先よりグレードアップ。ラーメンを頼む人が多いのだけど。

ほうじ茶アイス

食後は、川向かいで、ほうじ茶アイス。夏はあっさりしたこれがいい。

大佐倉駅

自転車道に通行止めがあったので、帰路は北上して千葉ニュータウンから464経由にするか悩むが、ふるさと広場の近傍から京成線に取り付くことに。距離的には自転車道よりずっと近道。

それにしても、腕の筋肉の疲労感が酷い。ハンドル操作は思った以上に筋肉を使う。徐々にならしていくしかない。

花見川2022年07月28日 08:39


北総線値下げ

津田沼駅の掲示。ようやっとの北総線の値下げ。少しは乗りやすくなるか。
高速道路が税金で建設されているの対し、どうしても鉄道は不利。道路もこれからは地元負担が増えそうだけど。自動車産業中心の経済政策からの転換のきざしなのかも。

花見川遊歩道

幕張から花見川遊歩道。すっかり夏の景色。

アレチウリ

河原にはアレチウリの群生。繁茂の力は葛と双璧。

キリギリス

キリギリス。彼等の季節。

ひまわり

ひまわり。花の終わりの始まり。

桑の実

今年は少ない桑の実。

小鳥

木々の中に小鳥の後ろ姿。スズメかシジュウカラか。

チョウ

花島公園を飛び交うチョウ。ツマグロヒョウモンかな。

ひまわり

まだまだ元気なひまわりも。

パインのジンジャーエール

モスで一息。南国パインのジンジャーエール。

QNAP - Container (gitea) のupdate2022年07月02日 13:17

QNAP NASのContainer Stationで運営しているgiteaのアップデートを試みる。

Container Station

Container Station(V2.6.0.483)の画面(作業完了後)。gitea332xをgitea332x117に更新。
既存のコンテナ(gitea332x)を選択して、アップデートを実行、とできたらいいのだが、そのような便利な機能はない。

調べてみるとみなさん苦労しているようで、バックアップを取得して、最新のバージョンでコンテナを作り直し、リストアする、という手順を踏む向きが大勢。ほかは、別の管理ツール(portainer)を用いる声がいくつか。

ここは、バックアップして作り直す手順を進める。

gitea dump

giteaのホームページの手順に従う。
端末を開いて、gitユーザのホームディレクトリにて、gitea dumpコマンドを実行。
このとき、作業ディレクトリを誤るとzipにまとめるファイルを誤り、不必要なファイルをまとめようとしてディスク容量オーバのエラーになるので注意。
sqlite採用の場合、必要なファイルは、生成されたzipファイルで完結している。

生成されたファイルをコンテナの外に持ち出す必要があるが、外部との共有フォルダなどがなければ、sftpで転送。

ホスト名やIPアドレスを新しいコンテナに引き継ぐならば、ここで旧イメージのコンテナをシャットダウン。

共有フォルダ

Container Stationの今のバージョンでコンテナを作成すると、ホストと共有できる共有フォルダを生成できるので、忘れない。

コンテナ作成パラメータ

バックアップが終了したら、最新のイメージをpullして、新しいコンテナを作成。
ホストと共有する共有フォルダにバックアップファイルを置き、端末を開いてリストア。

サイト管理の設定

コンテナを再起動して、バージョンなど、動作を確認。

朝の野鳥散歩2022年07月01日 10:38

コンビニに荷物を取りに行きがてら公園へ。

ヒヨドリ

二羽で追いかけっこ。止まった先を撮るとヒヨドリ。

オナガ

少し先の高木の梢付近からオナガの鳴き声。待つことしばし。見えるところに出てきてくれた。

オナガ

その後、樹上にて一鳴き。