GPSアプリのデバッグでコンパスが使えなくなる2016年02月02日 17:52

Windows10 mobile搭載機であるKATANA01でGPSやコンパス、傾斜計を使ったUWPアプリを作り始める。

KATANA01でGPSアプリのデバッグ

センサーからデータを読み出して表示するところまでは、簡単。緯度経度は、Google Mapで見ると、ピンポイントで位置がわかってしまう精度なのが恐ろしい。コンパスは、手元のSUUNTOと比べると10度ほど差があるのが気になる。磁北との差か。

さて、VS2015でデバッグ実行して、■ボタンで終了後、再度、デバッグ実行をしようとすると、コンパスと傾斜計が使えなくなる。初回では正しい値を返していたGetDefault()がnullを返すようになる。MSのサンプルアプリでも同じ。GPS機能を実装する前は問題なかった。KATANA01を再起動すると回復する。

とりあえずの対処としては、VSのデバッガから、プログラム停止を指示しない。KATANA01でアプリを終了させてから、VS2015のデバッガを終了させる。このあたりは、ファームの問題かなあ。

P.S.
それでも、発生することがある。この場合、デバッグ実行にはならないが、配置のみ実施し、プログラムの起動をVSから行わないことで回避できる。DELLのタブレットの方は問題ないのだけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2016/02/02/8007344/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。