益川さん、むじな沢で物理を語り合う2015年01月02日 23:27


益川さん、むじな沢で物理を語り合う

三部構成。第一部は、1995年の座談会の記録から。高校の物理教師をはじめとする教師や物理の愛好家といった面々(東京物理サークル)と民宿を場に語り合ったもの。第二部は、2009年のインタビューで、第一部以後をフォロー。第三部は、前二部とは少し外れ、数学や学生の頃の勉学について、上野健爾氏とのインタビューを収める。

おおよそ、全体の三分の二は、ノーベル賞受賞にも関連する素粒子理論について。残り三分の一は、学びや研究について。

素粒子理論については、座談会形式ということもあって、少々、とりとめはないが、専門家でない人からの質疑が、結構、的を射ていて、他の解説書などで腑に落ちなかった点が解消したりもする。この本だけでは完結しないので、あわせ読むのにいい感じ。

後者は、それこそ、とりとめもない話も多いが、研究者としての益川さんの姿がよく伝わってくる。

さて、ヒッグス機構で質量が出てくるしくみが、超伝導とよく似ている(70ページ)とのことなので、これから超伝導の本を復習する。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/01/02/7530567/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。