スピノザ2022年05月02日 10:42


スピノザ

ウィトゲンシュタインを読んだ勢いで、積んでいたスピノザを片付けようと手に取る。問題は読む順。以前、執筆順に従い、知性改善論から手を付けたが中座。

スピノザは17世紀のオランダの人。日本だと元禄の少し前、水戸光圀あたりが同時代人。光の波動説のホイヘンス、ボイル=シャルルの法則のボイル、微積分法のライプニッツが、往復書簡集に登場。ケプラーへの言及(P.175)もある。

世情や人びとの考え方が現在と大きく異なり、そのあたりを埋めつつということで、短論文、エチカ、往復書簡集、と進める。次いで、スピノザ自身の哲学から外れ、デカルトの哲学原理。応用ともいえる、国家論。そして、まとめに、知性改善論。ほか、神学・政治論があるが、手許にない。

書簡集P.165 (英蘭戦争を受けて)人間の本性を嘲笑することは私に許されず、ましてやこれを悲観することは許されないと考えるのです。

書簡集P.321 (文通相手)実にこの奇蹟の上にのみ神の啓示の確実性は築かれうるとほとんど全てのキリスト教徒が信じていますのに。

このような世情をうけ、今でいう炎上にはずいぶん気を遣っている。書簡51に幽霊に関するやりとりがあるが、異なることを信じる人が理解し合うことが難しいのは、時代を超えて変わらない。

国家論P.183 思うに人々を恐れによって導くことしか意図しない国家は過失のないことはありえようが、進んで有徳の国家とはなりえない。人間というものは、自分は導かれているのではなくて自分の意向・自分の自由決定に従って生きているのであると思いうるようなふうに導かれなくてはならない。

このあたり、欧米の近現代の政治思想に連なるものがある。また、ある意味、論語の思想に接近している面も。

ウィトゲンシュタイン2022年05月02日 09:48


ウィトゲンシュタイン

最初、文庫の「論理哲学論考」を手に取ったが、命題調に綴られた短文のそれぞれは、意図が取れなくもないが、全体としてはなんともいえない。

もやっとしたまましばらくいたが、解説書があるのを見つけて手に取る。「ウィトゲンシュタインはこう考えた」は、論考にとどまらず生涯の著作を、草稿やメモを手がかりに読み解こうとする。これが唯一ではないにしても、1つの読み方として、知的なわくわく感を存分に感じることができる。

P.151 「信仰を持つ」とは「生と世界に意味があると考え、そのように生きること」

生の意味を問うきっかけとなったのが、第一次大戦でロシア軍に対する前線に立ったこと、というのは、現在への示唆を含む。

P.326 (言語ゲームの解説として、) 言語を習得するのは (中略) 我々の生の様々な型を体得する過程であり、人間という存在になる過程そのものである。

P.408 「私は知っている」という知の言明を行うとき、その言明において言語と「私」が同時に生まれる。

晩年に向けてのこれらのくだりは、人が生まれて、教師なし学習によって言語を習得し、それとともに「私(自我)」を獲得する、という科学的な認識に、哲学的思考により到達していたとはいえないか。

ウィトゲンシュタインが、生涯を掛けて「私」を見出した旅の記録、そんな読後感。

マジカルランド シリーズ;ロバート・アスプリン2022年03月09日 14:48

水玉さんの挿絵つながりで、マジカルランドシリーズ。
翻訳は矢口悟氏で、早川FTから16冊。版切れで古書サイトでかき集める。

マジカルランドシリーズ

最初の巻は1978年刊で、訳本は1997年。その後、翻訳が追いついて、16巻は2005年刊で、訳本は2008年。平凡な人間のスキーヴが、異世界の魔物然とした魔術師オゥズ(登場早々に魔術の能力を失う)に師事して、続々登場するキャラクターたちとドタバタを繰り広げる。途中、ジョディ・リン・ナイが共著に加わる。

初巻の解説によると、ピアズ・アンソニイのザンス(Xanth)シリーズと並ぶ、ユーモア・ファンタジーの双璧。今、USのAmazon.comを見ると、XanthシリーズはKindle版も含めて健在なのに対し、マジカルランド(Myth)シリーズはほぼKindle化されず、古本がかろうじて。Xanthシリーズはファミリーコメディ寄り、Mythシリーズは社会風刺寄り。このあたりが、今の読者の獲得の差異につながっているか。ネット社会やクレジットカード社会を笑い飛ばすあたりは、そんなに古くないと思うのだけど。

アスプリン逝去の記事

ロバート・アスプリン氏は、2008年5月に逝去。上は、SFマガジン2008年8月号の記事。

翻訳は16巻までだが、シリーズは続き、Amazon.comで調べた範囲では、こんなところ。
2006 Myth-Gotten Gains;オゥズ活躍編。16巻のあとがきで訳者の予告はあったのだけど。
2007 Myth-Told Tales;短編集。
2008 Myth-Fortunes;オゥズ活躍編。
2009 Myth-Chief;スキーヴ活躍編。
2011 Myth-Interpretations;短編集。アスプリン未刊の短篇を含む。
2016 Myth-Fits;ジョディ・リン・ナイ単独作。

本作と言えば、章の前に付けられた巻頭言が秀逸。著名人の一言なのだが、著者の創作。いかにも言ってそうなところが面白い。身近なところでは、ドナルド・トランプ氏が1994年と2005年の巻に登場。ずいぶん前から、言動は注目されていたのだと知る。

幕張、花見川2022年03月04日 08:09


イオン前の桜

津田沼イオン前庭の桜が咲き始める。

幕張駅雛壇

幕張駅構内に雛壇。

幕張駅北口再開発

幕張駅北口は再開発中。コンビニも姿を消す。慌てて駅構内の売店へ。電子マネー各種が使えて一安心。

鴨たち

花見川。鴨たちが遊泳中。

川鵜

川鵜はいつものひなたぼっこ。

椋鳥たち

椋鳥が木に鈴なりになる季節がまた。

花島公園の梅

花島公園の梅。だいぶ咲いてきた。

水仙

道ばたの水仙も、花が開きはじめる。

菜の花

ここでも川縁の菜の花が咲き始め。

成田市街、根木名川2022年02月28日 16:26


白梅

市街の公園の梅が咲き始める。白梅。

紅梅

紅梅。

根木名川の鴨

市役所の近くを流れる根木名川。お昼ごはん中の鴨たち。コガモ。

根木名川の鴨

カルガモ。ここは、浚渫やら草刈りやら、人の手が多く入るが、それでも来訪してくれる。

市街の菜の花

街路樹脇の花壇には菜の花。虫たちも行動開始。

印旛沼、利根川、取手2022年02月23日 19:10


氷

猫の日、朝は冷え込む。

筑波山

空気が澄んで、印旛沼から筑波山。

輪乗り鴨

印旛沼。鴨の輪乗り。朝は動きが大きい。鳴き声も。

ペリカン

ペリカンはいつもの場所で身繕い。

鴨さん

大勢の鴨たちもそろそろ旅立ちの頃合いか。

川辺の猫

印旛沼から利根川に伸びる長門川。川辺の土手に猫。猫の日だけに。

ハクチョウ

ハクチョウが二羽でじゃれ合う。クチバシが赤いのはコブハクチョウか。

利根川

利根川に出て取手まで。茶色の景色がつづく。

カフェパンダ

取手のパンダカフェでお昼。寒いときは熱々のビーフシチュー。

佐原2022年02月10日 16:00

寒いけど、晴れて風が強くない日は貴重。

天地返し

近場の田んぼ。天地返しされ、一面の土色。

さわら雛めぐり

利根川自転車道を進み、道の駅さわら。さわらの雛めぐりの展示。

オオバン

道の駅前の入り江には、変わらず水鳥たちでいっぱい。オオバン。

ヒドリガモ

茶色の頭は、ヒドリガモか。

コガモ

水から上がって歩きまわるのは、コガモ。

ハクチョウ

奥の方からハクチョウが泳いでくる。親子で六羽ほどいたはずだが、見かけるのは一羽のみ。

昼寝するカモ

隣の堤では、鴨たちが並んでお休み中。

お昼

お昼は、道の駅の直売所で天丼弁当。紫芋の天ぷらとは、食べてびっくり。

神崎PA建設現場

復路、神崎の道の駅の裏手。圏央道の神崎PAの工事中。道の駅とつながるのかしらん。

ハクチョウハクチョウ

滑河駅近くのハス田。ハクチョウが泥の中に首を突っ込んで食事中。佐原から来たわけではないだろうけど。

印旛沼、新川、やちよ2022年01月20日 09:52

一年で一番寒い時期にさしかかるが、風が止んだので出かける。

サギのみなさん

印旛沼のサギのみなさん。

鴨のみなさん

こちらは鴨さん。

通行止め

印旛沼捷水路脇の自転車道(県道406)。印西市吉高の標識のところで通行止め。奥に見える鉄橋の脇で法面の崩落。向かい側から見た感じだと、上方でコンクリートのブロックなどが崩れている。

通行止め

帰りに見た反対側。印西市瀬戸の標識のところで通行止め。しばらくは遠回りになりそう。通行量の多い狭い車道になるので悩ましい。

オオバンお食事中

新川沿いの昼時。陸に上がったオオバンたちがお食事中。十羽くらいが地面をつついている。近くで停まると川面に逃げるので距離を取って。

ボロネーゼ

道の駅やちよ。向かいの農業交流センターで昼食。売り切ればかりだったが、ボロネーゼが生パスタのもちもちの食感で大当たり。

ベンチ撤去

正面の芝生広場。ベンチが撤去されていて、野外の食事場所がなくなり少し残念。傷んでいたので修復と期待したい。