部屋の中の水分量U - アプリリリース2015年08月12日 12:42


部屋の中の水分量U

「部屋の中の水分量U」の名称で、ユニバーサルWindowsアプリをリリース。上図はWindows10のストアの掲載の様子。Windows8.1用ストアアプリのユニバーサルアプリへの移植版。PCと電話で利用できるので、スクリーンショットは電話のものを選択。まだ、電話の実機はないけど。

開発時間は、30時間弱。移植の割に時間を要したのは、ユニバーサルアプリの要領をつかむのに苦労したため。最初、基本のUIをHubで作り始め、途中でPivotに切り替えるくだりで10時間ほどの寄り道。他、色々は「UWPアプリ開発、所感」のとおり。次回からは半分以下で済みそう。

移植のポイントを挙げると、

1)VisualStateManagerの仕様変更への対応。
VisualState.Triggersはまずまず便利。WidthやHeightがこの値を越えたら、画面構成を変える、という設定なので、最小サイズから順に組み立てる。この値を下回ったら、というトリガはないので。

2)チャームで呼び出していた機能をAppBarButtonからの呼び出しに変更。
ここは、決められたやり方はなく、各人で工夫。MS側によるWindows8.1用ストアアプリの変換では、(通称)ハンバーガーメニューに置き換え。

3)ロゴとスプラッシュ画像の種類が変わったのに対応。
数が増えたのと、サイズが微妙に変わった。

4)Mobile版のエミュレータの設定と、それを用いてのテストの実施。
VMware上のWindows10で動作に苦労したのは、既出の通り。バリエーションが増えるので、その分、単純にテスト時間は増える。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/08/12/7731835/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。