シリーズ日本古代史、前半2017年03月05日 14:21


シリーズ日本古代史、前半

近所の遺跡巡りにあわせて、日本古代史の新書。全6冊の前半3冊。旧石器時代の遺跡から、白鷗寺院の遺跡くらいまで。近所だと、少し前に訪れた、古墳・はにわ博物館や風土記の丘資料館の展示物から、龍角寺の寺跡まで。

3冊を通じて、考古学中心の記述から、歴史学中心の記述に移っていく。文献中心の議論になるほど、血で彩られた政治史の色合いが濃くなる。逆に、社会全体の成り立ちや人びとの暮らしが見えにくくなる。実際、「飛鳥の都」のあとがきは、わからないことが多く、これからの課題であることを告解する。この点、最近の発見がつづく前半の方が断然面白い。東国の民としては、どのようにして遠くの畿内の勢力を受け容れたのか。背景にあったのは、武力なのか、技術なのか、むしろ精神的なものだったのか。書かれていないいろいろが、気になるところ。