ESXi 5.1でApril 2018 Update2018年05月21日 19:42

ESXi 5.1で運用中の環境でWindows10をUpdateすると、最後の再起動で黒画面に窓が出るところでハングする。確か1709の頃からだったか。仮想マシンのバージョン8では、ここまでか、と思っていたが、新しい更新がリリースされたので、念のため、April 2018 Updateのメディアを使ってクリーンインストールしてみる。

起動オプション

一つの可能性として、「起動オプション」を旧来のBIOSから、EFIに変えてみる。

esxi 5.1でApril 2018 Update

起動オプションの変更が効いたかどうかはわからないが、無事にインストールは終わり、ハングすることなく起動。心なしか、動作も軽快。CPUのパワーは少々頼りないが、もうしばらく、テスト環境としては働いてくれそう。後継として、30~40W程度で使い勝手のいいプラットフォームがでてくるといいのだけど。

とはいえ、これだけ版を重ねても「クリーンインストールで解決」というのが、少々複雑な気分。まあ、久しぶりにクリーンインストールすると、インストール画面や手順も大きく変わっている。ときどきは、こうして知識をUpdateしておくことも必要と前向きに考えておく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2018/05/21/8856694/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。