Cylva F8F タイヤ交換2020年01月24日 16:09

ブリヂストンのCylva F8F。3年でタイヤ交換。月に100kmほどの走行なので、3000kmほどか。
2年と少しで一度、後輪がパンク。その後、気になって前輪と後輪のタイヤを取り替えてみたところ、後輪がずいぶんと軽く薄くなっていたので、交換に踏み切る。

交換前

交換前のタイヤ。左が前輪、右が後輪。

交換後

交換後のタイヤ。地面を掴むグリップ力が確かに向上。少しずつの変化なので、普段は、気がつかないもの。結果として乗りすぎだったかも。同様のペースだと、1~2年で前後輪を取り替えて、もう1年で、両輪交換、という流れになりそう。

お代(税抜)。
純正のタイヤ;各4760円
純正のチューブ;各1980円
近所の自転車屋さんの交換費用;各1200円。
両輪ともクイックレリーズなので同じ価格。そうでない場合は、少々お高くなるらしい。
交換は、前後輪取り替えの際、初めて自分でやってみたが、擦り傷をたくさん作って1時間くらい。このお値段で、2~3年に一度ならプロにお願いするのが妥当。

タイヤ型番

ブリヂストンの純正タイヤの価格は、どうもWeb非掲載で、事前には不明。発注後、問い合わせてもらって聞くと、思いのほかお高い。とはいえ、このサイズと幅(37-406, 20x1.35)で、高めの空気圧(5.5-6.8気圧)となると選択肢がない。F6F(3気圧)だと安かったのか。でもF8Fほどには転がらないんだろうなあ。

他にはと、SchwalbeのMarathonに換装した記事はいくつか見つけたが、純正ほどの転がりは期待できない。同じSchwalbeでは、Kojak(35-406, 20x1.35, 4.0-6.5Bar)あたりが使えるか。ヨドバシで見ると、もう少しお安く上がりそう。使えなければ無駄になるけど。

台風15号2019年09月17日 14:44

県内では、まだ停電と断水がつづく台風15号。

9月9日5時の気圧

9月9日の未明、鉄筋コンクリートの建物が震えるほどの強風。うつらうつらしながら、朝5時に確認すると気圧は970hPaほど。後にアメダスで確認すると、風速30m弱。

倒れた標識

天候が落ち着いてから散策すると、倒れる標識。

折れた杉

途中で折れる杉。

倒れたプラタナス

根元からざっくりいってしまったプラタナス。

飛んできた小屋の残骸

根木名川河川敷には、どこかから飛来した小屋の残骸。

倒木の片付け

人通りの多いところから、徐々に片付け。

稲刈り

再開した稲刈り。

幸いなことに、電気も水道も無事。電柱の地中化が済んでいたことが大きかったか。建屋や地盤がしっかりしているだけでは足りず。プログラミングや英語も結構だが、サバイバル術もカリキュラムに必要なご時世。

森永チョコフレーク終売2019年08月28日 14:09


森永チョコフレーク

ついに、近所のスーパーで、森永チョコフレークが姿を消す。先月、最後に入手したのは、賞味期限2020年5月のもの。賞味期間1年として5月くらいまでは製造していたのか。お店によってはまだあるかもしれないけど、いよいよお別れ。

エアロシートの修理というか改造2019年06月08日 05:23


座面の劣化

エアコン嫌いの夏場に重宝するエアロシート。ファンで、座面に空気を送る椅子に敷く、クッションというかシート。座面を構成するプラスチックの部材が、経年劣化でぼろぼろに。2013年に購入し、5~6年で寿命。ファンまわりはなんともないので修理を試みる。

クッション材の入れ替え

用意したのは、アイリスオーヤマのエアリークッション。大きさは、40cm四方のもの。3000円弱。暑くなると入手しにくくなるので早めの調達。座っても空気が通る道筋が確保できること、配線が邪魔にならないことがポイント。ウレタンのクッション材では、潰れすぎて不可。カバーの開け口は狭いので二つ折りにしつつ押し込む。

できあがり

前面のファンから、後方に配線を通して完成。少し厚みが増して、座り心地も改善かな。

献血者カードには早くも令和のR2019年04月26日 10:09


津田沼献血ルーム

天気は優れないが、連休前に献血。春先は献血者は不足気味。気温の変化や花粉症など、体調を崩しやすい季節。

ドナー通信

献血ルームのキャラクターが勢揃い、とドナー通信。若手の参加を増やしたい取り組みのひとつだろうが、ネット中心に生きていると、人間も生きものである、という実感が生まれにくいのかも。

献血者カードには早くも令和のR

献血者カードの日付欄には、令和のRが早速登場。Rというと統計処理言語。令和は統計が正しく理解される時代になるといいな、と。

つくし2019年03月16日 13:08


つくし

春を告げるつくし。しかし、スギナは田畑の嫌われもの。ありそうで見つからない。と、根木名川の河川敷を走っていたら、群生を見つける。

千葉県には「I (アイ)」がある2019年03月14日 18:24


千葉県にはIがある

地元のタウン誌の記事が、千葉県で生産されるヨウ素の話題。天然ガスの副産物。世界の産出量の1/4になるそうな。そのおかげもあって、国別でも日本が2位。

今日はピッタリ256点!2019年02月21日 15:26


暮井慧

先日の秋葉原巡りの戦利品。ダウンロードサイトでも配信されているようす

一曲目の「{re}coding」の方は、プログラミングやりましょ、と、すこし前のめり。二曲目の「アルゴリズミックえぶりでい」になると、そのあたり力が抜けて、プログラミングが日常になじんできた感じ。ちょっとばかっぽくて「歌 ピーチ・マキ」にも聞こえないことも。

歌詞は、それっぽいが、新旧のフレーズが入り交じる。最近では256を意識するのは、RGBくらい?FIFOやLIFOもスタック操作を意識しない今では、どうでしょう。CやJava系列というより、アセンブラやFortran系列っぽい感じ。queryも出てくるから、SQLもか。苦笑しながら聞くのも楽しい。

歌い手氏は、意味はわかっていないけど感覚で歌っています、ということらしいが、プログラミングが必修化されて10年ちょっとも経てば、専攻してました/得意科目でした、という声優/歌い手さんなんかも出てくるのでしょうねえ。