輝くもの天より堕ち2016年05月02日 09:57


輝くもの天より堕ち

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアの長編。解説によると、長編2冊のうちの2冊目という。

長編を手とする作家の作品と比べると、伏線の張り方と回収の仕方が作為的とも思えるが、読ませる、という点では、引けは取らない。

最後に、一人の人物の波乱の人生が閉じられる。その人物にとっては、すべての事件が、まるで、その最後を完全にするために用意されたもの。その深い感慨とともに物語は閉じる。その余韻が読後感を支配する。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2016/05/02/8081882/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。