Subnet Designer - アプリリリース2015年03月05日 09:31


Subnet Designer アプリリリース

「Subnet Designer」の名称で、Windowsアプリをリリース。

IPアドレスから、SubnetやNetmaskを求める計算ツールは、Windowsアプリにもいくつかあるが、人気の練習問題なのか、習作のレベルのものが多く、もう一息、という感じ。改めて作ってみたが、少しは実用的になったか。認証が通るか少し心配したが、無事通過。

使用感は、CiscoのCCNAのSubnetに関する練習問題を解くイメージ。手元にあるのは、Todd LammleのCCNA Study Guideの第7版。4章「Easy Subnetting」の練習問題には、最初の頃、悩まされたが、それらを解いたり、確認するのに役立てば。

審査担当者宛のコメントに書いた例を挙げる。

1)Class Bのネットワークで、29個のSubnetが必要なとき、Netmaskは何になるか。
→コンボボックスでClass Bを選び、Subnet数が29を越えるところまでスライダーを操作すると、答えのNetmaskが求まる。

2)192.168.192.10/29のネットワークのブロードキャストアドレスは何になるか。
→ネットワークアドレスの設定欄に"192","168","192"の順で入力した後、スライダーを操作して"/29"まで移動する。画面上部の「一覧に表示するSubnet」で"2"を選ぶと、画面下部に192.168.192.10を含む一覧が表示され、ブロードキャストアドレスが求まる。

開発時間は、24時間ほど。ロジックには目新しい要素はないが、UI要素が多いので、その分、時間を要した。

技術要素は、こんなところ。

1)WinRT XAML ToolkitのNumericUpDown。Toolkitの中ではマイナかもしれないが、キーボードを使わずに操作を完結させるには有効。

2)画面の下半分は、GridViewを用いているが、データを供給するのにLinqでGroup byが必要。キーをsortと表示に分けて使うことで、並び順とGridViewのグループタイトルの表示を両立。

3)XAMLで、Resource中にStyleを定義して使ってみた。FontSizeなど一括して管理できるのは有用だが、VisualStateの制御でうまく使えず、このあたりは課題。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://c5d5e5.asablo.jp/blog/2015/03/05/7584536/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。