「ピクチャ」フォルダの中身消失 - Windows10 ver1809 更新2018年10月03日 16:13

いつものように、Windows Updateを実行すると、ver1809が早速降りてくる。これまでは、少し時間をおいていたのに。

Windows10 ver1809

インストール自体は、前回までよりは、短い時間であっさり終了。変更点を確認したが、個人的にはそれほどのものはない。

一点、注意事項。インストール後、ユーザの「ピクチャ」フォルダ(C:\Users\<ユーザ名>\Pictures)の中身が消えていた。OneDriveの方は問題なし。同じユーザ配下でも、ドキュメントやビデオ、ダウンロードなどは、問題なし。一時使用のものしか置いていなかったので、実害はないが、ファイルを貯め込んでいる人は注意。環境によるのかもしれないけど。

P.S.
開発環境の方を確認してみたら、フォルダの中身は無事。必ず発生するわけではない様子。悩ましい。

P.S.
Edgeの「お気に入り」も消えている。これから、同期で戻るのかもしれないけど。こちらも、開発環境の方は消えていない。ますます悩ましい。どちらも、1803のときとは異なる動き。他の方も言っているとおり、すぐの適用は待った方がいい。標準設定だと、今回のやり方だと、すぐに降りてくるのが悩ましいけど。

P.S.
引き続き、その他のテスト環境を更新中。同期まわり、関連するライブラリまわりの動きが少し怪しい。大事なファイルは、同期対象とは別にバックアップしておくのが安全か。個人的には、同期するフォルダ類は、PC間で連携するファイル、作業用のファイル、くらいしか置かない流儀なので、困ることはあまりないのだけれど。

P.S.
ファイル消失については、Tom's Hardwareの記事も取り上げていました。Upgradeに伴うリスクは、忘れずに。

プライバシーポリシーとサポート情報 - 音量一覧選択2018年10月04日 18:30

本アプリについて (About this app)

※Windows10 ver1809配信について
一覧表示で記憶しているデバイスIDは、Windows10をUpgradeすると変わることがあります。その場合、設定名の下にデバイスが無効とのメッセージが出ます。項目を削除して、一覧を再作成してください。

システムボリュームを一覧から選択して設定するユーティリティです。

動画や音声の配信では、番組毎に音量のレベルがまちまちですが、都度、システムのボリュームを調整するのではなく、あらかじめ登録してある設定を一覧から選択できるようにします。

また、精度はあまり高くありませんが、音量レベルの変化をモニタして自動で調整する機能をあわせて用意します。各種の中継など、声の調子が異なる複数の話者が切り替わるような番組での活用を想定しています。音楽向きではありません。

※アプリのページ

プライバシーポリシー (Privacy statement)

音量一覧選択
対象アプリ;音量一覧選択

本アプリの製作者である The Fourteenth Lab (第十四工房) は、本アプリによって、お客様の個人情報およびプライバシーに関する情報を収集しません。

サポート情報 (Support)

ご質問や不具合のご連絡は、このページの「コメント欄」をご利用いただくか、「このブログについて」に記載の連絡先までお願いします。

使い方 (How to)

音量一覧選択

・再生するデバイス、音量を選び、設定名に名称を入力して登録すると、右側の一覧に表示されます。
・右側の一覧を選択すると、登録したデバイスと音量が設定されます。
・左下の「音量の自動調節」は、トグルボタンになっています。押下状態にすると、レベルメータの値を使って、音量を調整します。調整後の音量は、目標音量のスライダーで調整します。

あらかじめのおことわり (FAQ)

1) システムボリュームへのアクセスには、「xenolightning/AudioSwitcher」を利用しています。

2) 制御できるのは、Windowsの音量管理を利用しているアプリの場合です。ASIOやWASAPI Exclusiveを利用している場合は、対象になりません。

3) 音量の自動調整は、コントロールパネルの「サウンド」で表示されるデバイスのレベルメータ(Peak Value)の直近の平均値が50の時、目標音量になるようにしています。目標音量はあくまで目安ですので、実際の音量を確認しながら適当な位置に調整してください。実験的な実装ですので、実用性は高くありません。

4) 音量の自動調整は、急な音量の変化に反応しすぎないように、平均を取る期間を長めに設定し、一回の変化量に上限を持たせています。反面、無音状態から急に大きな音になるような場合は、追随しきれない場合があります。

5) OSのアップグレードを行うと、デバイスのID(GUID)が変わることがあります。IDが変わると、登録したプリセットを適用できなくなります。その場合、改めて、デバイスを選択して更新するか、削除して再登録してください。

印旛沼、小林、木下、手賀沼2018年10月04日 19:34

久しぶりに手賀沼へ。前回は、一度、利根川の自転車道に出てから手賀川に取り付いたのだったが、利根川から手賀川への道がわかりにくかった。今度は、印旛沼から成田線に沿って、進むルートを試す。

湖面がきれいになった印旛沼

印旛沼は、湖面の水草がすっかりなくなって水面が見えている。この前の台風のおかげもあるかもしれない。

物木集水路

印旛沼を時計回りに北に向かい、吉高の水門のあたりで、物木集水路沿いに小林に向かう。

小林駅

小林の駅。この先は、線路沿いに進む。

木下駅

木下(きおろし)の駅。駅のまわりは道がややこしい。駅に用がなければ、356に出たらそのまま進むのがいい。

手賀川

356を進み、橋を2つ渡ってすぐから、手賀川沿いの遊歩道が始まる。

白鳥

少し行くと、四阿があるが、その近くの水面に白鳥が10羽以上集まる。

遊歩道にも白鳥

手賀沼沿いに来ると、遊歩道を闊歩する。後ろの裂けた木は台風の爪痕。

台風の爪痕

倒木がかなりの数。造園業者が懸命に片付けている。

湖面でじゃれ合う白鳥

ボート乗り場の近くでは、白鳥がじゃれ合う。

オオバンも来訪

白鳥の他には、いつものサギらに加えて、オオバン。

公園を散歩する白鳥

北柏ふるさと公園に来ると、園内を闊歩。

梨アイス

ぐるっと回って、道の駅しょうなん。今の時期なら梨のアイス。やちよのアイスは、角切りを練り込んであったが、こちらは、もう少し細かくして練り込んである。少しだけ、舌にざらざらの食感がある。挿してあるのは、ドライフルーツにした梨。しっかりとした甘さがある。

ひこばえから出穂

この季節、道すがらの眺めはひこばえの残る田んぼ。一部は、出穂している。

つゆくさ

畦には、つゆくさ。

すすき

そして、これからの主役のすすき。このあたりは、セイタカアワダチソウよりも優勢。

セブンイレブンで日本酒を2018年10月11日 16:02


津田沼献血ルーム

献血をしに津田沼に。少し雨模様で、出足は少なめ。いつもは、少しゆっくりめの散歩をしながら帰るが、天気を見て方針転換。近所のイオンリカーが閉店して、地元の地酒が見つけにくくなったので、最寄りの酒屋を訪ねる。

セブンイレブン

京成津田沼駅からすこし。少々変わっていると有名なセブンイレブン。店先の幟がおかしい。

入ってみると、日本酒のコーナーはさすがの物量。後ろの泡盛コーナーも目を惹く。お目当ての千葉の地酒は見当たらないが、気になる品揃え。地域、酒蔵は、国内あちこちに散り、店主のお気に入りを取りそろえた感じ。有名処を網羅しているわけではない。趣味が合えば通いたくなる方向性。

日本酒のちらし

とりあえず、好みとは少々異なるが、有名処をお試しに一本。

代替フォントを避けてフォントの字体を確認する2018年10月11日 16:58

字体を確認するツールを作っているが、フォントが用意していない文字コードを指定すると代替フォントが表示され、混乱する。

代替フォントが表示された後、XAMLのFontFamilyを確認するも、指定したFontFamilyの値を返すばかりで、代替フォントであるかどうかの判別はできない。

探してみると、Win2DでCanvasFontFaceを取得すると、そこからUnicodeRanges属性が得られ、フォントが定義されているかどうか判別できそう。

CanvasFontFaceの取得

59行;システムで利用可能なフォント一覧の取得。
60行;フォント一覧のCanvasFontFaceの取得。
89行;UnicodeRangesの取得。

UnicodeRangesは、FirstとLastのペアの配列。First~Lastの範囲でフォントが定義されていることを示す。

UnicodeRangesの確認

行176;与えられたUnicodeについて、UnicodeRangesで定義された範囲内かどうかを判別。効率が悪いやり方なのはご容赦。
行170;与えられたUnicodeについて、UnicodeGeneralCategoryを取得し、未設定や記号を排除しているが、代替フォントがある場合は排除できない。ちなみに、漢字はOther Letterになる。

実際に文字を表示して確認

実際にツールを動かしてみたところ。「丙」の文字。U+4E14からU+4E19の範囲内にあり、フォントが定義されている。次は、U+4E1Eに飛ぶ。この範囲だが、かなり細切れ。UnicodeRanges配列の要素はかなり多い。

これで、ゴシックを表示していたら明朝が混じる、といったことを防ぐことができる。これで、ようやくWindowsアクセサリの「文字コード表」と同じところ。

サニティテストの結果見落とし - デスクトップブリッジ2018年10月13日 10:07

デスクトップブリッジを用いたアプリの登録に苦戦。Windows 10S向けのテストの件もそうだが、なんとか突破。

AppCertTestは合格だが

Windows App Certification Testの実行後、表示されるダイアログでは、「合格」。これが曲者。

サニティテストは不合格

結果を表示してみると、「省略可能なテストの結果」の「サニティテスト」、「ブロック済みの実行可能ファイル」のテストが不合格。これが、「Windows 10Sで起動に失敗」とストア担当者から指摘されていた原因の模様。毎回、きちんと中を確認しなくては。

問題となっていた「System.Diagnostics.Process.Start()」は、プライバシーポリシーを掲載するWebページを開く際に用いていたもの。引数に「new ProcessStartInfo(Uri)」を指定。これについては、UWPのAPIである「Launcher.LaunchUriAsync()」で代替。

本読みの喫茶店2018年10月16日 16:36

予報が優れないので、遠出は止めて、今日は、星乃珈琲店。

星乃珈琲店

織姫ブレンドとスフレパンケーキ。酸味のあるブレンドとメニューにあるが、柔らかいあたり。パンケーキは、サクッとしていながら、口に含むとホットケーキのあの感じ。高倉町コーヒーのパンケーキとは反対の食感。

珈琲のおかわりは、ここも半額。主婦のみなさまのおしゃべりスペースになりがちなのは同じ。一人だからと一人がけの席に着いたが、空いているときは気にしない方が正解かも。

そろそろ、チェーンではないところも探ってみよう。

プライバシーポリシーとサポート情報 - 画面属性と制御2018年10月17日 12:30

本アプリについて (About this app)

モニタに関する情報取得と電源制御(オフ)を行うユーティリティです。

※アプリのページ

プライバシーポリシー (Privacy statement)

画面属性と制御
対象アプリ;画面属性と制御

本アプリの製作者である The Fourteenth Lab (第十四工房) は、本アプリによって、お客様の個人情報およびプライバシーに関する情報を収集しません。

サポート情報 (Support)

ご質問や不具合のご連絡は、このページの「コメント欄」をご利用いただくか、「このブログについて」に記載の連絡先までお願いします。

使い方 (How to)

電源制御のみ

起動すると、「モニタの電源を切る」ボタンのみが表示されます。このボタンを押すと、モニタの電源を切ります。マルチディスプレイ環境では、全てのモニタの電源を切ります。

属性一覧表示

「モニタの属性一覧」横のボタンを押すと、最初のDeviceIDを持つモニタの属性一覧を表示します。複数のモニタがある場合は、DeviceIDを選ぶことで一覧が切り替わります。

表示するのは、WindowsがWin32_DesktopMonitorで定義する内容です。同じディスプレイを接続していても、ディスプレイドライバによって、表示内容は変わることがあります。

一覧の2つめの表示は、当該属性が実装されているかどうかを示します。「未実装属性の表示切替」ボタンで、未実装のものを一覧から除くか、切り替えます。

あらかじめのおことわり (FAQ)

1) モニタの電源制御は、複数のディスプレイが接続されている場合、一括になります。

2) リモートデスクトップで接続して「モニタの電源を切る」を押下しても、リモートデスクトップの画面は暗転しません。

3) 「電源を切る」を実施し、ディスプレイが暗転した後、復帰するには、マウスやキーボードなどを操作してください。

4) 属性一覧の「PowerManagementSupported」がTrueであれば、ディスプレイの個別の電源制御ができるはずですが、WMIの説明によると、未実装の機能です。