NVIDIA NVS 290をDirectPath I/Oで2014年12月23日 16:44

春先くらいから秋葉原で、NVIDIAのマルチディスプレイ用のディスプレイアダプタ NVS 290 が安価に並んでいる。そろそろ終わりかなという頃合いだが、予備部品として買ってみる。

せっかくなので、動作確認も兼ね、ESXiのDirectPath I/O構成の実験に使ってみる。
※先に断りますが、うまくいく話ではないです。

パススルーデバイスのマーク

vSphere Clientの構成→詳細構成の画面で、「編集」の文字を押すと、「パススルーデバイスのマーク」のタイトルでDirectPath I/Oを設定可能なデバイスの一覧が表示される。ここで、NVS290を選択する。ESXiサーバ自体の再起動が求められる。

なお、ESXi 起動時のディスプレイは、オンボードのものにしている。

Nvidia NVS290 DirectPath I/Oの設定

再起動後、vSphere Clientの構成→詳細構成を見ると、NVS 290に直接アクセスが可能になっている。

PCIデバイスの追加

次は、ゲストの「設定の編集」でデバイスを追加する。追加するのはPCIデバイス。この時、ESXi自体がハングしたので、他のゲストOSも止めておいた方が安全。

仮想マシンのプロパティ

追加後のゲストOSの「設定の編集」画面。

デバイスマネージャー

ゲストOSを起動後、この場合は、Win8.1だが、デバイスマネージャーを確認すると、ディスプレイアダプタにNVS 290が追加されている。ただし、初期状態では、無効になっていた。画面は、一度、無効化→有効化、を経たところ。

画面の解像度

ディスプレイ上で右クリックで「画面の解像度」を起動し、追加のディスプレイの検出を試みたが、検出しない。ゲストOSでは、仮想ディスプレイ以外は認識しないのか。実験としてはここまで。

CUDA対応のカードならば、CUDA開発環境として使えるかも。NVS 290は残念ながら非対応。そのうち、GeForce210の安価なカードででも試してみる。また、PCI-E x1のカードならば、メインPCの2枚目のカードとしても使えたのに。ということで予備部品に逆戻り。

無縁・公界・楽2014年12月23日 20:24

近世の歴史に関する本ばかり読んできて、やはりその前の時代の中世も気になる。いろいろあるが、著名なところから。

無縁・公界・楽

網野善彦氏の「無縁・公界・楽」。近世史で読んできた朝尾直弘氏の著述が、事実を積み上げていってそこから否応なく見えてくるものを提示する、という体であるのに対し、こちらは、多少なりとも直感的に結論につれていき、その上で様々な論拠を提示する、という体裁。論文集ではなく、一般向けの本であるためかもしれない。ただ、直感が告げる感覚を読者にも届けたい、という思いがあったのではないか。

読み終わっての印象は、中世はずいぶん遠い、それだけに織豊と徳川が乗り越えなければならなかった壁もよほど高かったろう、遠いはずの江戸がむしろ近くに思えるくらい。確かにいまに通じる感情もあるのだろうが、いまの感覚で理解した気になるのは大きな誤り。

ものの本によると、江戸時代に生産力が大きく伸びる前の日本の人口は一千万人程度。その前の中世期は、五六百万人前後。いまの二十分の一程度とすれば、集落の間には人の住まない場所が大きく広がり、交通や通信手段も限られたとなれば、ずいぶんと人の思いや考えることは、いまと大きく異なっていたはず。想像しろ、といわれても難しい。しかし、この本は、それに向き合え、と言ってくる。